すばる最新号  >  

「すばる」2018年6月号

 新連載、島田雅彦「君が異端だった頃」。小学生の「君」は森を徘徊し、日記を書くことを覚え、中学校に上がる頃、将来文筆で身を立てるための「レッスン」を始めた。筆者初の自伝的小説、第一部100枚一挙掲載!
 新連載、谷崎由依「遠(とお)の眠りの」。絵子は本が読みたくて、戦後の好景気の波にのって旅籠屋のほか手広く商売をしている、尋常小学校の同級生・まい子の家に通う。筆者初の連載、スタート!
 春見朔子「転写か翻訳」。大学の教授秘書という新しい職を得た悠子。そこは今はいなくなってしまった、高校の同級生・関谷が所属していた研究室で……。
 特集「歩く」。七人の書き手が、それぞれに異なる土地と時間を歩く。青木淳悟は池袋、岩城けいはオーストラリアのシップレック・コースト、しまおまほは世田谷・弦巻、瀬川深はコネチカット、藤野可織はアイオワ、山内マリコは渋谷、山下澄人は奥多摩を。
 水村美苗「「世界文学」と「日本近代文学」」。フランス文学は極東の日本で翻訳され浸透したことで真の「世界文学」になったのではないか。翻訳と越境を体現する作家が、刺激的な論を展開する。
 対談、佐川光晴+成田龍一「ファミリーヒストリーが浮かび上がらせる近代日本史」。一八九四年生まれの清作の半生と、そのひ孫のあさひの現在。表の歴史には決して現れない人々の姿を描いた、佐川の新作『日の出』を歴史学者・成田龍一が読み解く。
 文芸漫談、奥泉光+いとうせいこう「島尾敏雄『死の棘』を読む」。今回はちょっと切ないトーンに。
 海外作家シリーズはカナダ人作家、マドレン・ティエンを、佐藤アヤ子の訳と解説で紹介。

「すばる」6月号を購入する。

「すばる」年間的購読キャンペーン実施中!

「すばる」2018.6月号

バックナンバー一覧へ

「すばる」から生まれた本。

書評一覧へ

「すばる」2018年6月号 目次

作者紹介

  • 新連載
    • 島田雅彦 - 君が異端だった頃

    • 谷崎由依 - 遠の眠りの

  • 小説
    • 春見朔子 - 転写か翻訳

  • 特集:歩く

    • 青木淳悟 - 池袋東口側特集!! ひよこ狩りの午後──池袋、PM2:00+PM1:00

    • 岩城けい - 海岸にて──オーストラリア、シップレック・コースト、PM5:00

    • しまおまほ - ばんちゃん、歩く──世田谷・弦巻、PM6:30

    • 瀬川深 -「多様性」の中庭から──コネチカット、PM3:00

    • 藤野可織 -「イエス、イエス」と迷子の日──アイオワシティ、PM6:00

    • 山内マリコ - 見えないバトン──渋谷、PM7:00

    • 山下澄人 - 14778──奥多摩、AM11:30

  • 対談
    • 佐川光晴+成田龍一 - ファミリーヒストリーが浮かび上がらせる近代日本史

  • 文芸漫談シーズン4(23)

    • 奥泉光+いとうせいこう - 島尾敏雄『死の棘』を読む

  • 講演
    • 水村美苗 -「世界文学」と「日本近代文学」

  • 第三回渡辺淳一文学賞発表

    • (受賞作)東山彰良『僕が殺した人と僕を殺した人』

  • 第三十三回詩歌文学館賞発表

    • 若松英輔『詩集 見えない涙』/伊藤一彦『歌集 遠音よし遠見よし』/岩淵喜代子『句集 穀象』

  • すばる海外作家シリーズ38
    • マドレン・ティエン/佐藤アヤ子 訳・解説 - 錬金術

  • エッセイ
    • きくちゆみこ - はじめての言葉

    • 萩原雄太 - 俺は、俺の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ

  • 最終回
    • 佐々木敦 - アートートロジー(12)

  • 連載
    • 青山七恵 - 私の家(3)

    • 中村佑子 - 私たちはここにいる──現代の母なる場所(3)

    • 菅野昭正 - 小説と映画の世紀(4)

    • 若松英輔 - 霧の彼方──須賀敦子(19)

    • 安藤礼二 - 列島祝祭論(23)

    • ホキ德田 - 優しい友へのレクイエム(25)

    • 横山悠太 - 唐詩和訓/Azumi - テアトル惑い/前野健太 - グラサン便り/長島有里枝 - こんな大人になりました/マリアム・タマリ - パレスチナの朝/小澤征良 - ひとすくいの時間

  • カラーグラビア
    • 柴田聡子 編(3)- こんなことしてていいのか日記

  • プレイヤード

すばる文学賞

  • 応募要項へ
  • これまでの受賞者

投稿原稿について当編集部では、「すばる文学賞」「すばるクリティーク賞」への応募作品以外、原稿をお受け致しません。送られた原稿の返却、お問い合わせにはいっさい応じかねます。

すばるクリティーク賞

  • 応募要項へ
  • これまでの受賞者
twitter@subaru_henshubu
すばるクリティーク賞応募者必読!! ブックガイド「近代日本の文芸批評を知るための40冊」
集英社・熊本地震災害 被災者支援募金のお知らせ
いとうせいこう×奥泉光「文芸漫談シーズン4」次回公演のお知らせ