すばる最新号  >  

「すばる」2015年10月号

 椎名誠「家族がみんなで笑った日④ 小学生もつらいよ」。母の弟であるつぐも叔父と過ごす時間が大好きなシーナ少年は……。
 中島たい子「雨」。四週間と三日、続く雨。気象予報士・塩谷の出す予報は……。
 佐藤友哉「舌禍 読書感想文にかえて」。17年前のある事件をテーマにした作品「ドグマ34」を発表した筆者。その発表から数ヵ月後、犯人の手記が出版され……。
 いま最も注目される詩人・最果タヒによる異色の青春小説「死ぬほど未満の17歳」。
 緊急特集「国民のための新しい道徳教科書」。「道徳教育」の必要性が叫ばれる昨今だけど、そもそも「道徳」って何だ!? 「押し付け」ではない、すばる独自の「道徳教科書」を緊急編纂。第一課「むかしの道徳、いまの道徳」は瀬戸内寂聴が担当。第二課は中島京子+姜英淑の対談「友とは何か――もう少し話をしよう、ふたたび」。第三課/小野正嗣講演「読む・書く・学ぶ」は、いま、ひとつの危機を迎えている「文学部」の学生も必読!!  第四課/松浦理英子インタビュー「セクシュアリティの自己実現のために」。第五課/今福龍太、評論「人は火山礫とともに生きてきた」。第六課/髙田延彦インタビュー「「本当の強さってなんだろう?」」。第七課/雨宮処凛エッセイ「「言うこと聞くよな奴らじゃないぞ!」から「言うこと聞かせる番だ俺たちが!」へ」。第八課/高橋源一郎は小説「M氏のこと」を寄稿。「イソップ寓話」や偉人の伝記とはまったく異なる、高橋源一郎ならではの“道徳よみもの”。
〈東アジア文学フォーラム〉今年6月、中、韓、日の文学者が集まって語り合うフォーラムが5年ぶりに中国で開催された。江國香織のスピーチ、莫言、島田雅彦、谷崎由依のエッセイを掲載する。
 7月20日に逝去した哲学者の鶴見俊輔氏を追悼して、見田宗介インタビュー「ラディカルであるということは素朴であるということだ」を掲載。

「すばる」10月号を購入する。

「すばる」年間的購読キャンペーン実施中!

「すばる」2015.10月号

バックナンバー一覧へ

「すばる」から生まれた本。

書評一覧へ

「すばる」2015年10月号 目次

作者紹介

  • 小説
    • 小学生もつらいよ - 椎名誠

    • 雨 - 中島たい子

    • 舌禍 読書感想文にかえて - 佐藤友哉

    • 死ぬほど未満の17歳 - 最果タヒ

  • 緊急特集:国民のための新しい道徳教科書

    • むかしの道徳、いまの道徳 - 瀬戸内寂聴

    • 対談:友とは何か──もう少し話をしよう、ふたたび - 中島京子+姜英淑

    • 講演:読む・書く・学ぶ - 小野正嗣

    • インタビュー:セクシュアリティの自己実現のために - 松浦理英子

    • 人は火山礫とともに生きてきた - 今福龍太

    • 「本当の強さってなんだろう?」 - 髙田延彦

    • 「言うこと聞くよな奴らじゃないぞ!」から「言うこと聞かせる番だ俺たちが!」へ - 雨宮処凛

    • 小説:M氏のこと - 高橋源一郎

  • 繫がる言葉──第三回東アジア文学フォーラム

    • 文学と家庭、社会 - 江國香織

    • 着想の妙──霊感を求めて - 莫言/立松昇一 訳

    • にわかチャイナ・ウォッチャーの感慨 - 島田雅彦

    • 輪をえがく - 谷崎由依

  • 鼎談
    • 倉橋由美子の褪せない魅力 - 古屋美登里+豊﨑由美+栗原裕一郎

  • 鶴見俊輔 追悼インタビュー

    • ラディカルであるということは素朴であるということだ - 見田宗介/聞き手・構成 増子信一

  • 掌編
    • 浮舟 - 瀬戸内寂聴

  • 文芸漫談シーズン4(15)

    • 武者小路実篤『真理先生』を読む - 奥泉光+いとうせいこう

  • ひと
    • 岩城けい - 聞き手・構成/編集部

  • エッセイ
    • 奇妙な街に生まれて - 中森明夫

    • 私達の体は食べたものでできています、そして心も。 - たなかれいこ

    • 不愉快な輝き - 乗代雄介

  • 最終回
    • 光のない海(15) - 白石一文

    • よはひ(27) - いしいしんじ

  • 連載
    • 未老人ノート(4) - 青野聰

    • あるいは修羅の十億年(9) - 古川日出男

    • 蠕動で渉れ、汚泥の川を(11) - 西村賢太

    • ハーフ・ブリード 混合体の群島(6) - 今福龍太

    • 緋の舟──往復書簡(10) - 志村ふくみ+若松英輔

  • ことの葉つづり - 大久保有加/グラサン便り - 前野健太/こんな大人になりました - 長島有里枝/パレスチナの朝 - マリアム・タマリ/ひとすくいの時間 - 小澤征良

  • 第39回すばる文学賞二次予選通過作発表

  • カラーグラビア
    • こんなことしてていいのか日記 青山七恵 編(1)

  • プレイヤード
    • 【演劇】

      『パッション』 - 沢美也子

    • 【美術】

      会田家による檄文と「代表者」について - 保坂健二朗

    • 【映画】

      『真珠のボタン』 - 越川芳明

    • 【本】
      • 読書日録 - 福永信
      • 青来有一『悲しみと無のあいだ』 - 成田龍一
      • 西村賢太『痴者の食卓』 - 神田法子
      • 山崎ナオコーラ『反人生』 - 倉本さおり
      • 島本理生『夏の裁断』 - 青木千恵
      • 山下澄人『鳥の会議』 - 清水良典
      • 岩城けい『Masato』 - 都甲幸治
      • 高橋弘希『朝顔の日』 - 杉田俊介
      • ジェイ・ルービン『日々の光』 - 前田一平

すばる文学賞

  • 応募要項へ
  • これまでの受賞者

投稿原稿について当編集部では、「すばる文学賞」への応募作品以外、原稿をお受け致しません。送られた原稿の返却、お問い合わせにはいっさい応じかねます。作品は、「すばる文学賞」にご応募ください。

twitter@subaru_henshubu

『教団X』刊行記念特別対談 中村文則×白井聡「「戦後」を動かぬ日本に問う」ダイジェスト版を読む

いとうせいこう×奥泉光「文芸漫談シーズン4」次回公演のお知らせ