すばる最新号  >  

「すばる」2016年9月号

 連載第2回、高橋源一郎「ぼくたちはこの国をこんなふうに愛することに決めた」。ぼくの通う不思議な学校では、普通の意味での「先生」はおらず、できるだけ教えない「おとな」や、「教えない先生」がいて……。
 足立陽「ハイのゆくえ」。ヘイト・デモに対するカウンターで周囲を圧倒した〈自称セックスワーカー〉の彼女から、ぼくは“子種”をせがまれ、病院の採精室で励むことになり……。『島と人類』の作者が放つ衝撃作。
 神慶太の短編「裂け目、あるいは穴」。「彼ら」は街路を清掃し、それから「裂け目」あるいは「穴」に着手する。「私」はその姿をじっと見つめていた──。
 特集「落語がこんなに面白いとは」。競作エッセイは、長嶋有「楽しみ捨てたい」、原田ひ香「私と落語とラジオと」、広小路尚祈「祖父と落語」、トミヤマユキコ「落語とわたしの不思議なご縁」。つづいて滝口悠生による寄席体験記「語られる言葉はどこに」、そして杉江松恋による演目ガイド「ずいぶん遠くに来た、カムチャッカぐらい」。評論は浜崎洋介による「落語の笑い──春風亭一之輔試論」。
 瀬戸内寂聴+金原ひとみ、対談「書くこと、生きること」。6年ぶりに再会した瀬戸内寂聴94歳、金原ひとみ33歳。『求愛』と『持たざる者』、互いの作品を前にして、人生を語る。
 茂木健一郎+小森陽一、対談「漱石と脳科学」。夏目漱石はゾーン状態で作品を書いていた!? 百年の時を超えて、漱石作品の魅力に科学的に迫る。
 奥泉光+いとうせいこう『文芸漫談』では、メルヴィル『書記バートルビー』を読み解く。
 第40回すばる文学賞の予選通過作を発表。

「すばる」9月号を購入する。

「すばる」年間的購読キャンペーン実施中!

「すばる」2016.9月号

バックナンバー一覧へ

「すばる」から生まれた本。

書評一覧へ

「すばる」2016年9月号 目次

作者紹介

  • 小説
    • ハイのゆくえ - 足立陽

    • 裂け目、あるいは穴 - 神慶太

  • 連載第二回
    • ぼくたちはこの国をこんなふうに愛することに決めた - 高橋源一郎

  • 特集:落語がこんなに面白いとは

    • エッセイ
      • 楽しみ捨てたい - 長嶋有

      • 私と落語とラジオと - 原田ひ香

      • 祖父と落語 - 広小路尚祈

      • 落語とわたしの不思議なご縁 - トミヤマユキコ

    • 寄席体験記
      • 語られる言葉はどこに - 滝口悠生

    • 演目ガイド
      • ずいぶん遠くに来た、カムチャッカぐらい - 杉江松恋

    • すばるクリティーク
      • 落語の笑い──春風亭一之輔試論 - 浜崎洋介

  • 文芸漫談シーズン4──(18)

    • メルヴィル『書記バートルビー』を読む - 奥泉光+いとうせいこう

  • 対談
    • 書くこと、生きること - 瀬戸内寂聴+金原ひとみ

    • 漱石と脳科学 - 茂木健一郎+小森陽一

  • すばるeye
    • 「中国帰国者」──日本が生んだリターン移民 - 平井美帆/h3>

  • ひと
    • 白石一文 - 聞き手・構成/瀧井朝世

  • エッセイ
    • 氷河の蒼さを追いかけて - 石塚元太良

    • キリンの首をへし折ろうとするターザン - 寺十吾

    • 沖縄文学と東アジア - 若林千代

  • 連載
    • 鈍色幻視行(36) - 恩田陸

    • 列島祝祭論(3) - 安藤礼二

    • 超越する身体──「あなた」と「わたし」をつなぐもの(3) - 伊藤俊治+植島啓司

    • 井伏鱒二論(3) - 野崎歓

    • いとも優雅な意地悪の教本(5) - 橋本治

    • あのころのパラオをさがして(5) - 寺尾紗穂

    • 優しい友へのレクイエム(6) - ホキ德田

    • ニッポン零年(7) - 赤川次郎

  • 下を向いて歩く - 堀江栞/食卓でエクリール - 西山敦子/グラサン便り - 前野健太/こんな大人になりました - 長島有里枝/パレスチナの朝 - マリアム・タマリ/ひとすくいの時間 - 小澤征良

  • 第40回すばる文学賞予選通過作発表

  • カラーグラビア
    • こんなことしてていいのか日記 戌井昭人 編(3)

  • プレイヤード
    • 【演劇】

      『ビニールの城』 - 沢美也子

    • 【美術】

      古代ギリシャへの旅 - 金沢百枝

    • 【映画】

      『アスファルト』 - 立田敦子

    • 【本】
      • 読書日録 - 高橋弘希
      • 奥泉光『ビビビ・ビ・バップ』 - 上田岳弘
      • 中村文則『私の消滅』 - 藤田直哉
      • 西村賢太『蠕動で渉れ、汚泥の川を』 - 中森明夫
      • 山田詠美『珠玉の短編』 - 伊藤氏貴
      • 川上弘美『このあたりの人たち』 - 藤野可織
      • 松浦寿輝『BB/PP』 - 陣野俊史
      • いしいしんじ『海と山のピアノ』 - 芳地隆之
      • 村田沙耶香『コンビニ人間』 - 神田法子
      • 亀山郁夫『ゴルバチョフに会いに行く』 - 白井聡
      • 陣野俊史『テロルの伝説 桐山襲烈伝』 - 岡和田晃
      • エイミー・ベンダー『レモンケーキの独特なさびしさ』 - 栗田有起

すばる文学賞

  • 応募要項へ
  • これまでの受賞者

投稿原稿について当編集部では、「すばる文学賞」への応募作品以外、原稿をお受け致しません。送られた原稿の返却、お問い合わせにはいっさい応じかねます。作品は、「すばる文学賞」にご応募ください。

twitter@subaru_henshubu
集英社・熊本地震災害 被災者支援募金のお知らせ
『蠕動で渉れ、汚泥の川を』刊行記念対談 西村賢太×湊かなえ「「いまの挫折」は「一生の挫折」では、ない!」試し読み
いとうせいこう×奥泉光「文芸漫談シーズン4」次回公演のお知らせ