すばる最新号  >  

「すばる」2015年8月号

 現在が「戦前」ではないことを願って……特集「〝戦後〟71年目の対話」を掲載。瀬戸内寂聴+平野啓一郎+田中慎弥の鼎談「谷崎潤一郎『細雪』と「戦争」」では、暗雲たちこめる国の未来と作家のあり方が語られる。
 赤川次郎+高橋源一郎の対談「僕らが聞いた戦争は「数」でも「情報」でもない」では、戦争を美化し、「なかったこと」にする昨今の風潮を、二人が厳しく批判。
 石内都+青来有一の対談「遺された「物語」から現在〈いま〉へ」では、写真家・石内氏と、長崎を舞台に書き続ける青来氏が、いかに戦争に向かい合うかを問う。
 今日マチ子+小林エリカの対談「日常と想像力で戦争に抗う」では、『cocoon』(今日氏)と『空爆の日に会いましょう』(小林氏)で戦争を描いた二人が、「少女と戦争」を語る。
 津島佑子の連載小説「ジャッカ・ドフニ──海の記憶の物語」は最終回。壮大な物語は、いよいよクライマックスへ。
 椎名誠、連作短編3「小さな山と浅い海」。シーナ少年は海沿いの町でのんびり過ごしていたが、幼稚園へ入園することになり……。
 天埜裕文「白よりやさしくてつめたい」。ある女性と知り合いになり、「僕」は彼女の勤める学校で、知的障害を持つ生徒たちに絵を教えることに。
 喜多ふあり「うつぼ公園のムツゴロウ」。犬の顔を描いた板をつけた、小さなトロッコのような車を曳いて歩く男。男の謎を解くべく、美冬と小出くんは行動を開始。
 6月14日に逝去した人類学者/言語学者の西江雅之氏を追悼し、管啓次郞がエッセイ「すべての異郷の異郷へ」を寄稿。
 5月27日に逝去した、フランス文学者、評論・随筆家の杉本秀太郎氏。氏の世界に深い関心を寄せる文芸評論家・湯川豊が、氏の逝去の9日前に行ったインタビューを掲載。辻原登は追悼エッセイ「鹿王院の一日」を寄稿。

「すばる」8月号を購入する。

「すばる」年間的購読キャンペーン実施中!

「すばる」2015.8月号

バックナンバー一覧へ

「すばる」から生まれた本。

書評一覧へ

「すばる」2015年8月号 目次

作者紹介

  • 最終回
    • ジャッカ・ドフニ──海の記憶の物語(7) - 津島佑子

  • 小説
    • 小さな山と浅い海 - 椎名誠

    • 白よりやさしくてつめたい - 天埜裕文

    • うつぼ公園のムツゴロウ - 喜多ふあり

  • 掌編
    • 犬の散歩道 - 瀬戸内寂聴

  • すばるクリティーク
    • ニューロ・フィクション論 - 藤田直哉

  • 特集 “戦後”71年目の対話

    • 鼎談
      • 谷崎潤一郎『細雪』と「戦争」 - 瀬戸内寂聴+平野啓一郎+田中慎弥

    • 対談
      • 僕らが聞いた戦争は「数」でも「情報」でもない - 赤川次郎+高橋源一郎

      • 遺された「物語」から現在へ - 石内都+青来有一

      • 日常と想像力で戦争に抗う - 今日マチ子+小林エリカ

  • 追悼 西江雅之

    • すべての異境の異境へ - 管啓次郎

  • インタビュー 杉本秀太郎

    • 蓮月と、京の町衆 - 聞き手 湯川豊

    • (インタビュー後記)まだ終っていません - 湯川豊

    • (杉本秀太郎氏を偲んで)鹿王院の一日 - 辻原登

  • 評論
    • 『ユリシーズ』を読む──100のQ&A(15) - 結城英雄

  • エッセイ
    • 写真の錨を下ろしても記憶は揺らぐ - 若木信吾

    • 二つか三つか、それが問題だ - 川村文重

  • 連載
    • 未老人ノート(3) - 青野聰

    • あるいは修羅の十億年(7) - 古川日出男

    • 蠕動で渉れ、汚泥の川を(10) - 西村賢太

    • 光のない海(13) - 白石一文

    • 日本──性のタブーのない文化(5) - 橋本治

    • ハーフ・ブリード 混合体の群島(5) - 今福龍太

    • 緋の舟──往復書簡(8) - 志村ふくみ+若松英輔

  • ことの葉つづり - 大久保有加/グラサン便り - 前野健太/こんな大人になりました - 長島有里枝/パレスチナの朝 - マリアム・タマリ/ひとすくいの時間 - 小澤征良

  • カラーグラビア
    • こんなことしてていいのか日記 平野啓一郎 編(2)

  • プレイヤード
    • 【演劇】

      『女中たち』 - 沢美也子

    • 【美術】

      第56回ヴェネチア・ビエンナーレ - 保坂健二朗

    • 【映画】

      『サイの季節』 - 野崎歓

    • 【本】
      • 読書日録 - 松浦寿輝
      • 辻仁成『日付変更線 the Date Line』上下 - 栗田有起
      • 吉田修一『森は知っている』 - 西田藍
      • 中村文則『あなたが消えた夜に』 - 陣野俊史
      • 四方田犬彦『犬たちの肖像』 - 水原紫苑
      • ミラン・クンデラ『無意味の祝祭』 - 松岡正剛
      • ダーグ・ソールスター『Novel 11, Book 18』 - 加藤典洋
    • ザ☆すばる望遠鏡
      • 読書を変えるソーシャルアプリ

すばる文学賞

  • 応募要項へ
  • これまでの受賞者

投稿原稿について当編集部では、「すばる文学賞」への応募作品以外、原稿をお受け致しません。送られた原稿の返却、お問い合わせにはいっさい応じかねます。作品は、「すばる文学賞」にご応募ください。

twitter@subaru_henshubu

『教団X』刊行記念特別対談 中村文則×白井聡「「戦後」を動かぬ日本に問う」ダイジェスト版を読む

いとうせいこう×奥泉光「文芸漫談シーズン4」次回公演のお知らせ