すばる最新号  >  

「すばる」2016年7月号

 田中慎弥「司令官の最期」。風も水も空もすべてが濁る世界。政府にも軍にも見捨てられたその世界の中心=基地で、司令官がある兵器の開発に挑んでいるという。僕は母親を見殺しにして濁り濃い街から脱出したが、なぜかその基地へ向かうことになり……。寓話的未来小説、渾身の270枚。
 吉村萬壱「宗教」。告白をしたいと思います──主人公・栗原ゆき子は休職中の公民科の教員。彼女の告白から浮かび上がる事実とは? あまりにリアルな衝撃の短編。
 諏訪哲史「幻聴譜」。──このハドリアヌスの壁の北に生を享けてこのかた彼は自分の中にある固い信念を狂気ではないかなどと疑ったことはない──読むことの愉楽、言語による別天地を目指す著者の新境地!
 特集「読む温泉」。円城塔+福永信+澤西祐典による、別府大学でのシンポジウムを誌上載録──「別府を読む、別府を書く」。近代文学は温泉郷「別府」をどのように書いてきたのか。そして新たに「別府」をどう書くか。この課題に向き合う三人が、さらには小説を執筆。「地獄には河馬」(円城)、「父と子」(福永)、「地獄にて」(澤西)。どれも見逃せない! 上田岳弘、角幡唯介、黒名ひろみ、中島たい子、村田沙耶香による、温泉エッセイの競作にも注目を! また、大澤信亮による前代未聞の温泉批評「温泉想」を収録。
 奥泉光+いとうせいこう「文芸漫談シーズン4 in 三川町」は、夏目漱石『門』を読み解く。
 大型連載がスタート! 安藤礼二「列島祝祭論」。伊藤俊治+植島啓司「対談 超越する身体──「あなた」と「わたし」をつなぐもの」。

「すばる」7月号を購入する。

「すばる」年間的購読キャンペーン実施中!

「すばる」2016.7月号

バックナンバー一覧へ

「すばる」から生まれた本。

書評一覧へ

「すばる」2016年7月号 目次

作者紹介

  • 小説
    • 司令官の最期 - 田中慎弥

    • 宗教 - 吉村萬壱

    • 幻聴譜 - 諏訪哲史

  • 特集:読む温泉

    • 鼎談
      • 別府を読む、別府を書く - 円城塔+福永信+澤西祐典

    • 小説
      • 地獄には河馬 - 円城塔

      • 父と子 - 福永信

      • 地獄にて - 澤西祐典

    • エッセイ
      • 上田岳弘/角幡唯介/黒名ひろみ/中島たい子/村田沙耶香

    • 評論
      • 温泉想 - 大澤信亮

  • 文芸漫談シーズン4 in 三川町

    • 夏目漱石『門』を読む - 奥泉光+いとうせいこう

  • すばるクリティーク
    • 宮崎駿の「折り返し点」4──『もののけ姫』論本陣 - 杉田俊介/h3>

  • すばる海外作家シリーズ28
    • ニューヨーク脱出 - ゼイディー・スミス/堀江里美 訳・解説

  • すばるeye
    • アレン・ギンズバーグへのノート - ジョナス・メカス/川野太郎 訳・解説

  • 追悼:蜷川幸雄

    • 最期の「演出家」 - 橋本治

    • 「失われる」ということ - 古川日出男

  • 追悼
    • 津島佑子を偲ぶ - フィリップ・フォレスト/中原毅志 訳

  • エッセイ
    • ボブ・ディランの「シュール」と「ルーツ」 - 飯野友幸

    • 西江雅之がいた、蝦蟇屋敷 - トマツタカヒロ

    • 五月十二日の夕焼け - 李普鉉

  • 新連載
    • 列島祝祭論 - 安藤礼二

    • 超越する身体──「あなた」と「わたし」をつなぐもの - 伊藤俊治+植島啓司

    • 下を向いて歩く - 堀江栞

  • 連載
    • 鈍色幻視行(35) - 恩田陸

    • 井伏鱒二論(2) - 野崎歓

    • いとも優雅な意地悪の教本(3) - 橋本治

    • あのころのパラオをさがして(3) - 寺尾紗穂

    • 優しい友へのレクイエム(4) - ホキ德田

    • ニッポン零年(5) - 赤川次郎

  • 食卓でエクリール - 西山敦子/グラサン便り - 前野健太/こんな大人になりました - 長島有里枝/パレスチナの朝 - マリアム・タマリ/ひとすくいの時間 - 小澤征良

  • カラーグラビア
    • こんなことしてていいのか日記 戌井昭人 編(1)

  • プレイヤード
    • 【演劇】

      『母と惑星について、および自転する女たちの記録』 - 沢美也子

    • 【美術】

      母がつくった子供服 - 金沢百枝

    • 【映画】

      『ニュースの真相』 - 越川芳明

    • 【本】
      • 読書日録 - 高橋弘希
      • 津島佑子『ジャッカ・ドフニ 海の記憶の物語』 - 岡和田晃
      • 藤沢周『サラバンド・サラバンダ』 - 浜崎洋介
      • 平野啓一郎『マチネの終わりに』 - 瀧井朝世
      • ドナルド・キーン『石川啄木』 - 紅野謙介

すばる文学賞

  • 応募要項へ
  • これまでの受賞者

投稿原稿について当編集部では、「すばる文学賞」への応募作品以外、原稿をお受け致しません。送られた原稿の返却、お問い合わせにはいっさい応じかねます。作品は、「すばる文学賞」にご応募ください。

twitter@subaru_henshubu
集英社・熊本地震災害 被災者支援募金のお知らせ
『バラカ』刊行記念特別対談 桐野夏生×奥泉光「今、「東京」を書き残す」試し読み
いとうせいこう×奥泉光「文芸漫談シーズン4」次回公演のお知らせ