すばる最新号  >  

「すばる」2015年5月号

 青来有一「私は以来市蔵と申します」。原爆体験をもつ父が亡くなって5年、「私」は父が抱えていた無力感を受け継いでいるのを感じていた。神はなぜ人間たちの苦難に対して無力でいるのか、「私」は『ヨブ記』などを元に考え始める……。
 津島佑子「ジャッカ・ドフニ――海の記憶の物語」第4回。ニホンで起きたマルチリオ(殉教)の実態が明らかになり、ジュリアンは悲しみにくれる。チカはそんなジュリアンを支えようとするが……。
 玄月「三井愛子の悩み事」。20年かけて貯めた貯金で中古の一軒家を購入した独身の愛子。家の前に子ども用のビニールプールを出し、ハロウィンのお菓子を子どもたちに配ろうとする。そんな愛子の計画を邪魔するのは……?
 多和田葉子による新訳、カフカ『変身(かわりみ)』。変身したグレゴール・ザムザの身体の動きを実直に描き出すカフカの文章。「それにぴったり身を寄せるようにして読み、同じだけ時間をかけなければ読めない翻訳にした」という多和田葉子版。
 待望の連載再開! 瀬戸内寂聴、掌編「どりーむ・きゃっちゃー」もお見逃しなく!
 石牟礼道子インタビュー「書くという「荘厳」」。『苦海浄土』以降の作品でもくり返し書いてきた幼少期というテーマのほか、宗教について、能という表現について語る。
 水村美苗+鴻巣友季子対談「日本語と英語のあいだで」。水村氏が『嵐が丘』の一部を試訳。原文と両氏の訳を比較し、日本語と英語、それぞれの言語での表現の可能性を探る。
 奥泉光+いとうせいこう「文芸漫談 ナボコフ『ロリータ』を読む」。奥泉&いとうが時に「眉をひそめ」、時に「嘆かわしい」と叱りつつ、夢中で読み解く!!

「すばる」5月号を購入する。

「すばる」年間的購読キャンペーン実施中!

「すばる」2015.5月号

バックナンバー一覧へ

「すばる」から生まれた本。

書評一覧へ

「すばる」2015年5月号 目次

作者紹介

  • 小説
    • 私は以来市蔵と申します - 青来有一

    • ジャッカ・ドフニ──海の記憶の物語(4) - 津島佑子

    • 三井愛子の悩み事 - 玄月

  • 新訳
    • 変身 - フランツ・カフカ/多和田葉子 訳

    • カフカを訳してみて - 多和田葉子

  • 掌編
    • どりーむ・きゃっちゃー - 瀬戸内寂聴

  • 対談
    • 日本語と英語のあいだで - 水村美苗+鴻巣友季子

  • 文芸漫談シーズン4──(14)

    • ナボコフ『ロリータ』を読む - 奥泉光+いとうせいこう

  • エッセイ
    • ブルノ=アンダーグラウンド? - 阿部賢一

  • エッセイ
    • 流れていく死 - 井上荒野

    • 拡大するアジアのオルタナティヴスペースのネットワーク - 毛利嘉孝

  • インタビュー 石牟礼道子

    • 書くという「荘厳」 - 聞き手・構成 編集部

  • ひと
    • アレハンドロ・G・イニャリトゥ - 聞き手・構成/佐藤友紀

    • GOMESS - 聞き手・構成/倉本さおり

  • 連載
    • あるいは修羅の十億年(4) - 古川日出男

    • 光のない海(10) - 白石一文

    • よはひ(23) - いしいしんじ

    • 日本──性のタブーのない文化(2) - 橋本治>

    • 追っかけの精神(4) - 西江雅之

    • 緋の舟──往復書簡(5) - 志村ふくみ+若松英輔

    • 竹富島の宇宙(22) - 森まゆみ

  • ことの葉つづり - 大久保有加/グラサン便り - 前野健太/こんな大人になりました - 長島有里枝/パレスチナの朝 - マリアム・タマリ/ひとすくいの時間 - 小澤征良

  • カラーグラビア
    • こんなことしてていいのか日記 小野正嗣 編(2)

  • プレイヤード
    • 【演劇】

      『嵐が丘』 - 沢美也子

    • 【美術】

      スサオヲの到来 - 金沢百枝

    • 【映画】

      『間奏曲はパリで』 - 野崎歓

    • 【本】
      • 読書日録 - 角幡唯介
      • 藤野千夜『時穴みみか』 - 浅生ハルミン
      • 磯﨑憲一郎『電車道』 - 千野帽子
      • 西村賢太『無銭横町』 - 浜崎洋介
      • 田中慎弥『宰相A』 - 沼野充義
      • よしもとばなな『サーカスナイト』 - 佐々木敦
      • 又吉直樹『火花』 - 中江有里
      • 高尾長良『影媛』 - 安藤礼二
      • 中沢新一『日本文学の大地』 - 福嶋亮大
      • ジュディ・バドニッツ『元気で大きいアメリカの赤ちゃん』 - 豊﨑由美

すばる文学賞

  • 応募要項へ
  • これまでの受賞者

投稿原稿について当編集部では、「すばる文学賞」への応募作品以外、原稿をお受け致しません。送られた原稿の返却、お問い合わせにはいっさい応じかねます。作品は、「すばる文学賞」にご応募ください。

twitter@subaru_henshubu

『教団X』刊行記念特別対談 中村文則×白井聡「「戦後」を動かぬ日本に問う」ダイジェスト版を読む

いとうせいこう×奥泉光「文芸漫談シーズン4」次回公演のお知らせ