すばる最新号  >  バックナンバー一覧  >  2021年12月号

「すばる」2021年12月号

 島田雅彦「時々、慈父になる(2)親バカでない親はいない」。「私」の息子「ミロク」はお受験を経て無事に付属幼稚園に入る。一方、三十代の私は能力の限界まで仕事の量産に挑んでいた。旅は人を賢くする。そう考えた私はミロクを世界中へ連れ出す。
 小川洋子「掌に眠る舞台(7)いけにえを運ぶ犬」。僕が子どものころ【馬車の本屋】と呼ばれる移動式書店がひと月に数度現れた。本を載せた木箱を運ぶのは馬ではなく大きなセントバーナード。僕はその棚にある『渡り鳥の秘密』という本がずっと気になり……。
 目黒裕佳子「きりんの青い目」。実家に戻るために駅を降りたはずが、ななこは家に帰るより先に動物園ゆきのバスに乗る。途中で乗車してきた幽霊の姉と会話しながらたどり着いたのは奇妙な動物園だった。
 平野啓一郎+小川公代「「本心」とは何なのか?」。コロナ禍で可視化されてきている格差や差別の問題を先鋭的に扱った平野氏の『本心』を軸に、社会で共有すべき課題と、小説の可能性について読み解く。
 ブレイディみかこ+武田砂鉄「手強い存在になるために」。東京オリンピック開幕を間近に控えた緊急事態宣言下で、日本の内外から見える問題の根を考える。
「会えない時代の往復書簡 小野正嗣+ブライアン・ワシントン編(1)」。コロナ禍で移動が制限される今、作家たちは何を考え、物語をどう紡ぐのか。
 ノーベル文学賞受賞、アブドゥルラザク・グルナに関するエッセイを小沢自然、粟飯原文子が寄稿。

「すばる」2021.12月号

バックナンバー一覧へ

「すばる」2021年12月号 目次

作者紹介

  • 連載第二回
    • 島田雅彦 - 時々、慈父になる(2)親バカでない親はいない

  • 小説
    • 小川洋子 - いけにえを運ぶ犬 掌に眠る舞台

  • 小説
    • 目黒裕佳子 - きりんの青い目

  • 対談
    • 平野啓一郎+小川公代 -「本心」とは何なのか?

  • 対談
    • ブレイディみかこ+武田砂鉄 - 手強い存在になるために

  • 会えない時代の往復書簡

    • 小野正嗣+ブライアン・ワシントン編(1)

  • エッセイ
    • 小沢自然 - アブドゥルラザク・グルナを読む

    • 粟飯原文子 - アブドゥルラザク・グルナのノーベル文学賞受賞に寄せて

  • すばる海外作家シリーズ46
    • シェリィ・カメイ/勝山海百合 訳・解説 - 鶴の女たち

  • 連載
    • 上田岳弘 - 最愛の(3)

    • 田中慎弥 - 流れる島と海の怪物(8)

    • 宮本輝 - よき時を思う(11)

    • 奥泉光 - 虚史のリズム(19)

    • 高橋源一郎 - この素晴らしき世界(21)

    • 角幡唯介 - 裸の大地(第二部)(4)

    • 澤田直 - フェルナンド・ペソア──異名者たちの迷路(5)

    • 池澤夏樹 - 風がページを…(24)

    • 前野健太 - グラサン便り/長島有里枝 - こんな大人になりました/マリアム・タマリ - パレスチナの朝/小澤征良 - ひとすくいの時間

  • カラーグラビア
    • 島本理生 編(3)- こんなことしてていいのか日記

  • プレイヤード
    • 【演劇】

      『愛するとき 死するとき』- 沢美也子

    • 【美術】

      風景と溶け合う身体 山城知佳子 - 鷲田めるろ

    • 【映画】

      『皮膚を売った男』- 立田敦子

    • 【本】
      • 李龍徳 - 読書日録
      • 額賀澪 - 吉田修一『オリンピックにふれる』
      • 岡英里奈 - 吉村萬壱『死者にこそふさわしいその場所』
      • 陣野俊史 - 上田岳弘『旅のない』

すばる文学賞

  • 応募要項へ
  • これまでの受賞者

投稿原稿について当編集部では、「すばる文学賞」への応募作品以外、原稿をお受け致しません。送られた原稿の返却、お問い合わせにはいっさい応じかねます。

すばるクリティーク賞

  • 応募要項へ
  • これまでの受賞者
twitter@subaru_henshubu