すばる最新号  >  作者紹介

「すばる」2021年5月号の作者紹介

  • 朝比奈秋(あさひな・あき)

    作家 81年京都生まれ 作品「塩の道」

  • 池澤夏樹(いけざわ・なつき)

    作家 45年北海道生れ 著書「キトラ・ボックス」「科学する心」「いつだって読むのは目の前の一冊なのだ」「ワカタケル」

  • 伊藤亜紗(いとう・あさ)

    美学/現代アート 79年東京生れ 著書「目の見えない人は世界をどう見ているのか」「手の倫理」編著「「利他」とは何か」

  • 井上荒野(いのうえ・あれの)

    作家 61年東京生れ 著書「あちらにいる鬼」「あたしたち、海へ」「そこにはいない男たちについて」「ママナラナイ」

  • 宇佐見りん(うさみ・りん)

    作家 99年静岡生れ 著書「かか」「推し、燃ゆ」

  • 大竹昭子(おおたけ・あきこ)

    作家 50年東京生れ 著書「東京凸凹散歩――荷風にならって」

  • 大鶴義丹(おおつる・ぎたん)

    俳優/作家/映画監督 68年東京生れ 著書「昭和ギタン」「その役、あて書き」

  • 奥泉光(おくいずみ・ひかる)

    作家 56年山形生れ 著書「シューマンの指」「東京自叙伝」「ビビビ・ビ・バップ」「雪の階」「死神の棋譜」

  • 小山内恵美子(おさない・えみこ)

    作家 75年神奈川生れ 作品「マタニティスイミング」「図書室のオオトカゲ」「花子と桃子」

  • 小澤征良(おざわ・せいら)

    作家 71年サンフランシスコ生れ 著書「おわらない夏」

  • 温又柔(おん・ゆうじゅう)

    作家 80年台北生れ 著書「来福の家」「真ん中の子どもたち」「空港時光」「魯肉飯のさえずり」

  • 恩田陸(おんだ・りく)

    作家 64年宮城生れ 著書「蜜蜂と遠雷」「歩道橋シネマ」「スキマワラシ」「灰の劇場」

  • 金沢百枝(かなざわ・ももえ)

    西洋中世美術史 68年東京生れ 著書「ロマネスク美術革命」

  • 木村友祐(きむら・ゆうすけ)

    作家 70年青森生れ 著書「野良ビトたちの燃え上がる肖像」「幸福な水夫」「幼な子の聖戦」

  • 桐野夏生(きりの・なつお)

    作家 51年石川生れ 著書「バラカ」「路上のX」「ロンリネス」「とめどなく囁く」「日没」

  • 鴻池留衣(こうのいけ・るい)

    作家 87年埼玉生れ 著書「ナイス・エイジ」「ジャップ・ン・ロール・ヒーロー」

  • 近藤正嗣(こんどう・まさし)

    テキスタイルデザイナー 83年愛知生れ

  • 沢美也子(さわ・みやこ)

    演劇ライター 神奈川生れ 著書「にほん全国芝居小屋巡り」

  • 重実生哉(しげざね・いくや)

    グラフィックデザイナー 79年東京生れ

  • 高橋源一郎(たかはし・げんいちろう)

    作家 51年広島生れ 著書「一億三千万人のための『論語』教室」「たのしい知識」

  • 瀧井朝世(たきい・あさよ)

    ライター 70年東京生れ 著書「偏愛読書トライアングル」

  • 田中慎弥(たなか・しんや)

    作家 72年山口生れ 著書「美しい国への旅」「ひよこ太陽」「地に這うものの記録」「完全犯罪の恋」

  • タマリ(マリアム・)

    声楽家 東京生れ

  • 中条省平(ちゅうじょう・しょうへい)

    フランス文学 54年神奈川生れ 著書「人間とは何か」

  • 長島有里枝(ながしま・ゆりえ)

    写真家/作家 73年東京生れ 著書「「僕ら」の「女の子写真」から わたしたちのガーリーフォトへ」

  • 中野義樹(なかの・よしき)

    写真家 53年大阪生れ

  • 野崎歓(のざき・かん)

    フランス文学 59年新潟生れ 著書「異邦の香り」「水の匂いがするようだ」訳書「ランサローテ島」「火の娘たち」

  • 花村萬月(はなむら・まんげつ)

    作家 55年東京生れ 著書「日蝕えつきる」「ニードルス」「花折」「帝国」「くちばみ」

  • 星野智幸(ほしの・ともゆき)

    作家 65年生れ 著書「夜は終わらない」「呪文」「焰」「だまされ屋さん」

  • 堀江栞(ほりえ・しおり)

    画家 92年フランス生れ

  • 前野健太(まえの・けんた)

    ミュージシャン 79年埼玉生れ 著書「百年後」作品「サクラ」共著「初恋」

  • 松家仁之(まついえ・まさし)

    作家 58年東京生れ 著書「火山のふもとで」「沈むフランシス」「優雅なのかどうか、わからない」

  • 松田青子(まつだ・あおこ)

    作家 79年兵庫生れ 著書「おばちゃんたちのいるところ」「じゃじゃ馬にさせといて」「持続可能な魂の利用」

  • 宮下さゆり(みやした・さゆり)

    画家 88年長野生れ

  • 宮本輝(みやもと・てる)

    作家 47年兵庫生れ 著書「長流の畔 流転の海 第八部」「草花たちの静かな誓い」「野の春 流転の海 第九部」「灯台からの響き」

  • 村田沙耶香(むらた・さやか)

    作家 79年千葉生れ 著書「授乳」「ハコブネ」「コンビニ人間」「地球星人」「丸の内魔法少女ミラクリーナ」

  • 森田真生(もりた・まさお)

    独立研究者 85年東京生れ 著書「数学する身体」「数学の贈り物」編著「数学する人生」

  • *植島啓司「水の神」は休載します。

「すばる」2021.5月号

「すばる」5月号目次へ

バックナンバー一覧へ

すばる文学賞

  • 応募要項へ
  • これまでの受賞者

投稿原稿について当編集部では、「すばる文学賞」「すばるクリティーク賞」への応募作品以外、原稿をお受け致しません。送られた原稿の返却、お問い合わせにはいっさい応じかねます。

すばるクリティーク賞

  • 応募要項へ
  • これまでの受賞者
twitter@subaru_henshubu