すばる最新号  >  作者紹介

「すばる」2020年2月号の作者紹介

  • 池澤夏樹(いけざわ・なつき)

    作家 45年北海道生れ 著書「双頭の船」「科学する心」

  • 宇佐見りん(うさみ・りん)

    作家 99年静岡生れ 著書「かか」

  • 江南亜美子(えなみ・あみこ)

    フリーライター 75年大阪生れ

  • 大澤信亮(おおさわ・のぶあき)

    文芸批評家 76年東京生れ 著書「神的批評」「新世紀神曲」

  • 岡英里奈(おか・えりな)

    作家/編集者 95年大阪生れ 作品「カラー・オブ・ザ・ワールド」

  • 岡田育(おかだ・いく)

    文筆家 80年東京生れ 著書「ハジの多い人生」「40歳までにコレをやめる」

  • 小山内恵美子(おさない・えみこ)

    作家 75年神奈川生れ 作品「マタニティスイミング」「御堂の島」「図書室のオオトカゲ」

  • 小澤征良(おざわ・せいら)

    作家 71年サンフランシスコ生れ 著書「おわらない夏」

  • 温又柔(おん・ゆうじゅう)

    作家 80年台北生れ 著書「来福の家」「台湾生まれ 日本語育ち」「真ん中の子どもたち」「空港時光」「「国語」から旅立って」

  • 角幡唯介(かくはた・ゆうすけ)

    探検家/作家 76年北海道生れ 著書「アグルーカの行方」「極夜行」「新・冒険論」「探検家とペネロペちゃん」

  • 亀山郁夫(かめやま・いくお)

    ロシア文学 49年栃木生れ 著書「新カラマーゾフの兄弟」訳書「罪と罰」「悪霊」「地下室の記録」「白痴」「賭博者」

  • 北野道夫(きたの・みちお)

    作家 84年茨城生れ 作品「京都ジャンクション」「湖のドライブ」「305」

  • 桐野夏生(きりの・なつお)

    作家 51年石川生れ 著書「バラカ」「路上のX」「ロンリネス」「とめどなく囁く」

  • 小竹由美子(こたけ・ゆみこ)

    翻訳家 54年東京生れ 訳書「神秘大通り」「あのころ、天皇は神だった」「ピアノ・レッスン」「ケミストリー」

  • 小西真奈(こにし・まな)

    ペインター 68年東京生れ

  • 沢美也子(さわ・みやこ)

    演劇ライター 神奈川生れ 著書「にほん全国芝居小屋巡り」

  • 重実生哉(しげざね・いくや)

    グラフィックデザイナー 79年東京生れ

  • 周防柳(すおう・やなぎ)

    作家 64年東京生れ 著書「蘇我の娘の古事記」「高天原――厩戸皇子の神話」

  • 杉田俊介(すぎた・しゅんすけ)

    文芸批評家 75年神奈川生れ 著書「ジョジョ論」「戦争と虚構」「安彦良和の戦争と平和」

  • 高橋源一郎(たかはし・げんいちろう)

    作家 51年広島生れ 著書「答えより問いを探して」「一億三千万人のための『論語』教室」

  • 瀧井朝世(たきい・あさよ)

    ライター 70年東京生れ 著書「偏愛読書トライアングル」「あの人とあの本の話」

  • タマリ(マリアム・)

    声楽家 東京生れ

  • 中島岳志(なかじま・たけし)

    政治学/歴史学 75年大阪生れ 著書「保守と立憲」「超国家主義」「保守と大東亜戦争」「石原慎太郎」

  • 長島有里枝(ながしま・ゆりえ)

    写真家/作家 73年東京生れ 著書「背中の記憶」

  • 中西智佐乃(なかにし・ちさの)

    作家 85年大阪生れ 作品「尾を喰う蛇」

  • 中村佑子(なかむら・ゆうこ)

    映画監督 77年東京生れ 作品「はじまりの記憶 杉本博司」「あえかなる部屋 内藤礼と、光たち」

  • 西口想(にしぐち・そう)

    文筆家 84年東京生れ 著書「なぜオフィスでラブなのか」

  • 野崎歓(のざき・かん)

    フランス文学 59年新潟生れ 著書「異邦の香り」「夢の共有」「水の匂いがするようだ」訳書「ランサローテ島」「マノン・レスコー」

  • 浜崎洋介(はまさき・ようすけ)

    文芸批評家 78年埼玉生れ 著書「福田恆存 思想の〈かたち〉」「反戦後論」

  • 藤井光(ふじい・ひかる)

    アメリカ文学 80年大阪生れ 著書「ターミナルから荒れ地へ」訳書「戦時の音楽」「西欧の東」

  • 藤田直哉(ふじた・なおや)

    文芸評論家 83年北海道生れ 著書「虚構内存在」「シン・ゴジラ論」「新世紀ゾンビ論」「娯楽としての炎上」

  • 保苅瑞穂(ほかり・みずほ)

    フランス文学 37年東京生れ 著書「ヴォルテールの世紀」「プルースト 読書の喜び」「恋文」「モンテーニュの書斎『エセー』を読む」

  • 保坂健二朗(ほさか・けんじろう)

    美術館研究員 76年茨城生れ 共著「キュレーターになる! アートを世に出す表現者」

  • 前野健太(まえの・けんた)

    ミュージシャン 79年埼玉生れ 著書「百年後」作品「サクラ」共著「初恋」

  • 三浦天紗子(みうら・あさこ)

    ライター/ブックカウンセラー 64年東京生れ 著書「モテる女のひみつノート」「震災離婚」

  • 山城むつみ(やましろ・むつみ)

    文芸評論家 60年大阪生れ 著書「連続する問題」「小林秀雄とその戦争の時」

  • 綿矢りさ(わたや・りさ)

    作家 84年京都生れ 著書「ウォーク・イン・クローゼット」「手のひらの京」「私をくいとめて」「意識のリボン」「生のみ生のままで」

  • *杉田俊介「橋川文三とその浪曼」は休載します。

「すばる」2020.2月号

「すばる」2月号目次へ

バックナンバー一覧へ

すばる文学賞

  • 応募要項へ
  • これまでの受賞者

投稿原稿について当編集部では、「すばる文学賞」「すばるクリティーク賞」への応募作品以外、原稿をお受け致しません。送られた原稿の返却、お問い合わせにはいっさい応じかねます。

すばるクリティーク賞

  • 応募要項へ
  • これまでの受賞者
twitter@subaru_henshubu