すばる最新号  >  作者紹介

「すばる」2019年12月号の作者紹介

  • 伊藤彩(いとう・あや)

    アーティスト 87年和歌山生れ

  • 戌井昭人(いぬい・あきと)

    鉄割アルバトロスケット主宰/作家 71年東京生れ 著書「のろい男」「ゼンマイ」

  • 江南亜美子(えなみ・あみこ)

    フリーライター 75年大阪生れ

  • 大竹昭子(おおたけ・あきこ)

    作家 50年東京生れ 著書「間取りと妄想」「東京凸凹散歩――荷風にならって」共著「出来事と写真」

  • 岡田育(おかだ・いく)

    文筆家 80年東京生れ 著書「ハジの多い人生」「40歳までにコレをやめる」

  • 小澤征良(おざわ・せいら)

    作家 71年サンフランシスコ生れ 著書「おわらない夏」

  • 加藤裕子(かとう・ひろこ)

    ライター 70年東京生れ 著書「「和の道具」できちんと暮らす」

  • 樺山三英(かばやま・みつひで)

    作家 77年東京生れ 著書「ゴースト・オブ・ユートピア」「ドン・キホーテの消息」

  • 亀山郁夫(かめやま・いくお)

    ロシア文学 49年栃木生れ 著書「新カラマーゾフの兄弟」訳書「罪と罰」「悪霊」「地下室の記録」

  • 木下古栗(きのした・ふるくり)

    作家 81年埼玉生れ 著書「金を払うから素手で殴らせてくれないか?」「グローバライズ」「生成不純文学」「人間界の諸相」

  • 桐野夏生(きりの・なつお)

    作家 51年石川生れ 著書「バラカ」「路上のX」「ロンリネス」「とめどなく囁く」

  • 斎藤真理子(さいとう・まりこ)

    編集者/翻訳家 60年新潟生れ 訳書「フィフティ・ピープル」「82年生まれ、キム・ジヨン」「回復する人間」

  • 酒井信(さかい・まこと)

    批評家 77年長崎生れ 著書「吉田修一論 現代小説の風土と訛り」

  • 佐久間文子(さくま・あやこ)

    ライター/書評家 64年大阪生れ 著書「『文藝』戦後文学史」

  • 佐藤愛子(さとう・あいこ)

    作家 23年大阪生れ 著書「血脈」「晩鐘」「九十歳。何がめでたい」「冥界からの電話」

  • 沢美也子(さわ・みやこ)

    演劇ライター 神奈川生れ 著書「にほん全国芝居小屋巡り」

  • 重実生哉(しげざね・いくや)

    グラフィックデザイナー 79年東京生れ

  • しまおまほ

    漫画家/エッセイスト 78年東京生れ 著書「ガールフレンド」「マイ・リトル・世田谷」

  • 杉田俊介(すぎた・しゅんすけ)

    文芸批評家 75年神奈川生れ 著書「ジョジョ論」「戦争と虚構」「安彦良和の戦争と平和」

  • 高橋源一郎(たかはし・げんいちろう)

    作家 51年広島生れ 著書「お釈迦さま以外はみんなバカ」「ゆっくりおやすみ、樹の下で」「答えより問いを探して」

  • 立田敦子(たつた・あつこ)

    映画ジャーナリスト 千葉生れ 共著「おしゃれも人生も映画から」

  • タマリ(マリアム・)

    声楽家 東京生れ

  • チョン・ソヨン

    作家 83年韓国生れ 著書「となりのヨンヒさん」(近刊)

  • 中江有里(なかえ・ゆり)

    作家/女優 73年大阪生れ 著書「残りものには、過去がある」「トランスファー」

  • 長島有里枝(ながしま・ゆりえ)

    写真家/作家 73年東京生れ 著書「背中の記憶」

  • 中野義樹(なかの・よしき)

    写真家 53年大阪生れ

  • 中村佑子(なかむら・ゆうこ)

    映画監督 77年東京生れ 作品「はじまりの記憶 杉本博司」「あえかなる部屋 内藤礼と、光たち」

  • 沼野充義(ぬまの・みつよし)

    ロシア/東欧文学 54年東京生れ 著書「徹夜の塊」「チェーホフ 七分の絶望と三分の希望」訳書「ソラリス」「賜物」「新訳 チェーホフ短篇集」

  • 原田宗典(はらだ・むねのり)

    作家 59年東京生れ 著書「〆太よ」「やや黄色い熱をおびた旅人」

  • ふくだももこ

    映画監督/作家 91年大阪生れ 著書「おいしい家族」

  • 保苅瑞穂(ほかり・みずほ)

    フランス文学 37年東京生れ 著書「ヴォルテールの世紀」「プルースト 読書の喜び」「恋文」「モンテーニュの書斎 『エセー』を読む」

  • 保坂健二朗(ほさか・けんじろう)

    美術館研究員 76年茨城生れ 共著「キュレーターになる!  アートを世に出す表現者」

  • 前野健太(まえの・けんた)

    ミュージシャン 79年埼玉生れ 著書「百年後」作品「サクラ」共著「初恋」

  • 松井久子(まつい・ひさこ)

    映画監督 46年岐阜生れ 作品「折り梅」「レオニー」「何を怖れる」

  • 水村美苗(みずむら・みなえ)

    作家 東京生れ 著書「本格小説」「母の遺産 新聞小説」「増補 日本語が亡びるとき」

  • 山下澄人(やました・すみと)

    劇作家/作家 66年兵庫生れ 著書「壁抜けの谷」「しんせかい」「ほしのこ」

  • 山城むつみ(やましろ・むつみ)

    文芸評論家 60年大阪生れ 著書「連続する問題」「小林秀雄とその戦争の時」

  • 吉川凪(よしかわ・なぎ)

    作家/韓国文学 大阪生れ 著書「京城のダダ、東京のダダ」訳書「殺人者の記憶法」「となりのヨンヒさん」(近刊)

  • 吉見俊哉(よしみ・しゅんや)

    社会学 57年東京生れ 著書「平成時代」「アフター・カルチュラル・スタディーズ」

  • 李琴峰(り・ことみ)

    作家 89年台湾生れ 著書「独り舞」「五つ数えれば三日月が」

  • 綿矢りさ(わたや・りさ)

    作家 84年京都生れ 著書「ウォーク・イン・クローゼット」「手のひらの京」「私をくいとめて」「意識のリボン」「生のみ生のままで」

「すばる」2019.12月号

「すばる」12月号目次へ

バックナンバー一覧へ

すばる文学賞

  • 応募要項へ
  • これまでの受賞者

投稿原稿について当編集部では、「すばる文学賞」「すばるクリティーク賞」への応募作品以外、原稿をお受け致しません。送られた原稿の返却、お問い合わせにはいっさい応じかねます。

すばるクリティーク賞

  • 応募要項へ
  • これまでの受賞者
twitter@subaru_henshubu