すばる最新号  >  バックナンバー一覧  >  2019年10月号

「すばる」2019年10月号

 古川真人『背高泡立草』。使う者もない古びた納屋周りの草刈りに駆り出された奈美。母に不平を言い募るが、同時に〈古か家〉と〈新しか家〉の来歴に関心を寄せる。誰かの内にある時間を足掛かりに、船着き場から海の向こうへ、今ここから、いつかどこかへと接続する物語。一挙掲載。
【特集「お金」を問う】新たな通貨や決済手段が次々と生み出されている今こそ考えたい、「貨幣」を「モノ」や「コト」と交換するという身近なのに謎めいた行為。インタビュー、論考、鼎談、個々の出費日録、各国からのレポートを通してその本質に迫る。インタビュー/岩井克人「「お金」とは何か──仮想通貨に見る資本主義の本質と倫理」。鼎談/上田岳弘+小佐野彈+加藤秀行「創作とビジネスの関係」。論考/大澤真幸「貨幣 その歴史の弁証法」、山本貴光「お金のつくり方」、若林恵「信用創造をググってみた」。「出費日録」「コーヒーとハルキ・ムラカミ」。
 亀山郁夫『ドストエフスキーの黒い言葉』。生誕から間もなく二百年。現代を生きる人々の心に強く迫るその作品の〈言葉〉を第一人者が抽出し紹介する新連載。
 高橋源一郎『この素晴らしき世界』連載第二回。「わたし」がベケットを初めて読んだのは一九六七年、高校二年生のときだった。おもしろい、と思った。第二幕はベケット「ゴドーを待ちながら」。
 ひと/オダギリ ジョー。初めて長編映画の監督・脚本に挑んだ『ある船頭の話』(九月十三日公開)について語る。

「すばる」2019.10月号

バックナンバー一覧へ

「すばる」2019年10月号 目次

作者紹介

  • 小説
    • 古川真人 - 背高泡立草

  • 連載第二回
    • 高橋源一郎 - この素晴らしき世界

  • 特集:「お金」を問う

    • インタビュー
      • 岩井克人 -「お金」とは何か──仮想通貨に見る資本主義の本質と倫理

    • 鼎談
      • 上田岳弘+小佐野彈+加藤秀行 - 創作とビジネスの関係

    • 出費日録
      • 青木淳悟/小山田浩子/岸本佐知子/劇団雌猫ひらりさ/佐川光晴/原田ひ香/穂村弘/宮内悠介

    • コーヒーとハルキ・ムラカミ
      • (ドイツ)浅井晶子 - 分厚い本が好き

      • (フランス)アトランさやか - 緑の宝箱

      • (中国)亀山達也 - Wuhan Weekend、または金の黄昏

      • (韓国)カン・バンファ -「ちょうだい」をちょうだい

      • (ポーランド)ベアータ・M・コヴァルチック - ソイラテとインスタントコーヒーのパラレルワールド

      • (キューバ)越川芳明 - 文学の値段

      • (アメリカ)新元良一 - いつもと違う時の流れに誘われ

    • 論考
      • 大澤真幸 - 貨幣 その歴史の弁証法

      • 山本貴光 - お金のつくり方

      • 若林恵 - 信用創造をググってみた

    • 新連載
      • 亀山郁夫 - ドストエフスキーの黒い言葉

  • 鼎談
    • 石内都+藤原辰史+伊藤比呂美 - 縛られた過去からの解放

  • ひと
    • オダギリ ジョー/聞き手・構成 編集部

  • 連載
    • 桐野夏生 - 燕は戻ってこない(8)

    • 保苅瑞穂 - ポール・ヴァレリー 現代への遺言──わたしたちはどんな時代に生きているのか(2)

    • 吉見俊哉 - 東京をやりなおす──社会学的東京都心街歩きガイド(3)

    • 岡田育 - 我は、おばさん(4)

    • 杉田俊介 - 橋川文三とその浪曼(5)

    • 山城むつみ - 連続する問題(8)

    • 中村佑子 - 私たちはここにいる──現代の母なる場所(10)

    • 前野健太 - グラサン便り/長島有里枝 - こんな大人になりました/マリアム・タマリ - パレスチナの朝/小澤征良 - ひとすくいの時間

  • 第43回すばる文学賞二次予選通過作発表

  • カラーグラビア
    • 松本穂香 - 文:ふくだももこ

    • ふくだももこ 編(1)- こんなことしてていいのか日記

  • プレイヤード
    • 【演劇】

      『怪人と探偵』- 沢美也子

    • 【美術】

      あいちトリエンナーレ2019と子供の権利 - 保坂健二朗

    • 【映画】

      『荒野の誓い』- 越川芳明

    • 【本】
      • しまおまほ - 読書日録
      • 大矢博子 - 髙樹のぶ子『格闘』
      • 酉島伝法 - 高山羽根子『カム・ギャザー・ラウンド・ピープル』
      • 川口好美 - 太田靖久『サマートリップ 他二編』
      • 江南亜美子 - ルシア・ベルリン『掃除婦のための手引き書』

すばる文学賞

  • 応募要項へ
  • これまでの受賞者

投稿原稿について当編集部では、「すばる文学賞」「すばるクリティーク賞」への応募作品以外、原稿をお受け致しません。送られた原稿の返却、お問い合わせにはいっさい応じかねます。

すばるクリティーク賞

  • 応募要項へ
  • これまでの受賞者
twitter@subaru_henshubu