すばる最新号  >  作者紹介

「すばる」2018年8月号の作者紹介

  • 青木千恵(あおき・ちえ)

    ライター 64年兵庫生れ

  • 青山七恵(あおやま・ななえ)

    作家 83年埼玉生れ 著書「めぐり糸」「風」「繭」「ハッチとマーロウ」「踊る星座」

  • Azumi

    シンガー・ソングライター/デザイナー 北海道生れ 作品「ぴあのとあずみ」

  • 荒木優太(あらき・ゆうた)

    在野研究者 87年東京生れ 著書「これからのエリック・ホッファーのために」「貧しい出版者」「仮説的偶然文学論」

  • 池田雄一(いけだ・ゆういち)

    文芸評論家 69年栃木生れ 著書「メガクリティック」共著「戦後思想の再審判」

  • 石井遊佳(いしい・ゆうか)

    作家 63年大阪生れ 著書「百年泥」

  • 泉啓司(いずみ・けいじ)

    彫刻家 73年福島生れ

  • 入江悠(いりえ・ゆう)

    映画監督 79年神奈川生れ 作品「SR サイタマノラッパー」「22年目の告白―私が殺人犯です―」「ビジランテ」

  • 太田靖久(おおた・やすひさ)

    作家 75年神奈川生れ 作品「ののの」「いない」「ろんど」「リバーサイド」「サマートリップ」

  • 奥田亜希子(おくだ・あきこ)

    作家 83年愛知生れ 著書「左目に映る星」「ファミリー・レス」「リバース&リバース」「青春のジョーカー」

  • 小澤征良(おざわ・せいら)

    作家 71年サンフランシスコ生れ 著書「おわらない夏」

  • 温又柔(おん・ゆうじゅう)

    作家 80年台北生れ 著書「来福の家」「台湾生まれ 日本語育ち」「真ん中の子どもたち」「空港時光」

  • 上岡伸雄(かみおか・のぶお)

    アメリカ文学/作家 58年東京生れ 著書「テロと文学」訳書「ワインズバーグ、オハイオ」「シンパサイザー」

  • 亀山郁夫(かめやま・いくお)

    ロシア文学 49年栃木生れ 著書「新カラマーゾフの兄弟」「ゴルバチョフに会いに行く」訳書「罪と罰」「悪霊」

  • 菅野昭正(かんの・あきまさ)

    フランス文学/文芸評論家 30年神奈川生れ 著書「小説家大岡昇平」訳書「慈しみの女神たち」「わが友ピエロ」

  • 金石範(キㇺ・ソㇰポㇺ)

    作家 25年大阪生れ 著書「火山島」「地底の太陽」「死者は地上に」「過去からの行進」

  • 木村元彦(きむら・ゆきひこ)

    ジャーナリスト 62年愛知生れ 著書「徳は孤ならず」「橋を架ける者たち」「無冠、されど至強」

  • 倉本さおり(くらもと・さおり)

    ライター 79年東京生れ

  • 沢美也子(さわ・みやこ)

    演劇ライター 神奈川生れ 著書「にほん全国芝居小屋巡り」

  • 重実生哉(しげざね・いくや)

    グラフィックデザイナー 79年東京生れ

  • 柴田元幸(しばた・もとゆき)

    英米文学 54年東京生れ 訳書「ハックルベリー・フィンの冒けん」「十三の物語」「ずぶぬれの木曜日」

  • 管啓次郎(すが・けいじろう)

    比較詩学 58年生れ 著書「The Dog Book」詩集「数と夕方」訳書「レモンケーキの独特なさびしさ」

  • 高山羽根子(たかやま・はねこ)

    作家 75年富山生れ 著書「うどん キツネつきの」作品「リアリティ・ショウ」「オブジェクタム」

  • 谷崎由依(たにざき・ゆい)

    作家/翻訳家 78年福井生れ 著書「舞い落ちる村」「囚われの島」訳書「あたらしい名前」「地下鉄道」

  • タマリ(マリアム・)

    声楽家 東京生れ

  • 都甲幸治(とこう・こうじ)

    アメリカ文学 69年福岡生れ 著書「今を生きる人のための世界文学案内」共訳「こうしてお前は彼女にフラれる」

  • 長島有里枝(ながしま・ゆりえ)

    写真家/作家 73年東京生れ 著書「背中の記憶」

  • 中野義樹(なかの・よしき)

    写真家 53年大阪生れ

  • 中村佑子(なかむら・ゆうこ)

    映画監督 77年東京生れ 作品「はじまりの記憶 杉本博司」「あえかなる部屋 内藤礼と、光たち」

  • 新元良一(にいもと・りょういち)

    作家/翻訳家 59年兵庫生れ 著書「翻訳文学ブックカフェ」「アメリカン・チョイス」「あの空を探して」

  • 野崎歓(のざき・かん)

    フランス文学 59年新潟生れ 著書「アンドレ・バザン」「夢の共有」訳書「ランサローテ島」「マノン・レスコー」

  • 莫言(ばくげん モー・イエン)

    作家 55年山東省生れ 著書「赤い高粱」「白檀の刑」「転生夢現」「天堂狂想歌」

  • 番場俊(ばんば・さとし)

    ロシア文学 69年東京生れ 著書「ドストエフスキーと小説の問い」

  • 平野啓一郎(ひらの・けいいちろう)

    作家 75年愛知生れ 著書「空白を満たしなさい」「マチネの終わりに」「自由のこれから」

  • 福嶋伸洋(ふくしま・のぶひろ)

    ブラジル音楽/比較文学 78年新潟生れ 著書「リオデジャネイロに降る雪」

  • ホキ德田(ほき・とくだ)

    ピアニスト/歌手/俳優 37年東京生れ 著書「ヘンリー・ミラーの八人目の妻」

  • 保坂健二朗(ほさか・けんじろう)

    美術館研究員 76年茨城生れ 共著「キュレーターになる! アートを世に出す表現者」

  • 前野健太(まえの・けんた)

    ミュージシャン 79年埼玉生れ 作品「サクラ」著書「百年後」共著「初恋」

  • 安岡治子(やすおか・はるこ)

    ロシア文学 56年東京生れ 著書「総合ロシア語入門」訳書「地下室の手記」「貧しき人々」「白夜/おかしな人間の夢」

  • 山城むつみ(やましろ・むつみ)

    文芸評論家 60年大阪生れ 著書「ドストエフスキー」「小林秀雄とその戦争の時」

  • ヤン ヨンヒ

    映画監督 64年大阪生れ 著書「朝鮮大学校物語」作品「ディア・ピョンヤン」「愛しきソナ」「かぞくのくに」

  • 横山悠太(よこやま・ゆうた)

    作家 81年岡山生れ 著書「吾輩ハ猫ニナル」

  • 吉田富夫(よしだ・とみお)

    中国文学 35年広島生れ 著書「中国幻影 開いたパンドラの箱」「莫言神髄」訳書「豊乳肥臀」「四十一炮」「老生」

  • 若松英輔(わかまつ・えいすけ)

    フランス文学 68年生れ 著書「イエス伝」「小林秀雄 美しい花」「幸福論」「常世の花 石牟礼道子」共著「緋の舟」

  • *安藤礼二「列島祝祭論」は休載いたします。

「すばる」2018.8月号

「すばる」8月号目次へ

バックナンバー一覧へ

すばる文学賞

  • 応募要項へ
  • これまでの受賞者

投稿原稿について当編集部では、「すばる文学賞」「すばるクリティーク賞」への応募作品以外、原稿をお受け致しません。送られた原稿の返却、お問い合わせにはいっさい応じかねます。

すばるクリティーク賞

  • 応募要項へ
  • これまでの受賞者
twitter@subaru_henshubu