すばる最新号  >  作者紹介

「すばる」2018年7月号の作者紹介

  • 青山七恵(あおやま・ななえ)

    作家 83年埼玉生れ 著書「めぐり糸」「風」「繭」「ハッチとマーロウ」「踊る星座」

  • 朝吹真理子(あさぶき・まりこ)

    作家 84年東京生れ 著書「流跡」「きことわ」

  • Azumi

    シンガー・ソングライター/デザイナー 北海道生れ 作品「ぴあのとあずみ」

  • 阿部裕介(あべ・ゆうすけ)

    写真家 89年東京生れ

  • 安藤礼二(あんどう・れいじ)

    文芸評論家 67年東京生れ 著書「祝祭の書物」「たそがれの国」「折口信夫」

  • 李龍徳(イ・ヨンドク)

    作家 76年埼玉生れ 著書「死にたくなったら電話して」「報われない人間は永遠に報われない」

  • 石井遊佳(いしい・ゆうか)

    作家 63年大阪生れ 著書「百年泥」

  • 泉啓司(いずみ・けいじ)

    彫刻家 73年福島生れ

  • 大矢博子(おおや・ひろこ)

    書評家 64年大分生れ 著書「歴史・時代小説 縦横無尽の読みくらべガイド」

  • 岡田亜莉紗(おかだ・ありさ)

    フォトグラファー 87年香川生れ

  • 奥田亜希子(おくだ・あきこ)

    作家 83年愛知生れ 著書「左目に映る星」「ファミリー・レス」「リバース&リバース」「青春のジョーカー」

  • 小澤征良(おざわ・せいら)

    作家 71年サンフランシスコ生れ 著書「おわらない夏」

  • 小田香(おだ・かおり)

    フィルムメーカー 87年大阪生れ 作品「ノイズが言うには」「鉱 ARAGANE」

  • 小野さやか(おの・さやか)

    映画監督 84年愛媛生れ 作品「アヒルの子」「恋とボルバキア」

  • 恩田陸(おんだ・りく)

    作家 64年宮城生れ 著書「蜜蜂と遠雷」「錆びた太陽」

  • 金川晋吾(かながわ・しんご)

    写真家 81年京都生れ 写真集「father」

  • 金沢百枝(かなざわ・ももえ)

    西洋中世美術史 68年東京生れ 著書「ロマネスク美術革命」

  • 菅野昭正(かんの・あきまさ)

    フランス文学/文芸評論家 30年神奈川生れ 著書「小説家大岡昇平」訳書「わが友ピエロ」

  • 木口健太(きぐち・けんた)

    俳優 88年茨城生れ

  • 木村元彦(きむら・ゆきひこ)

    ジャーナリスト 62年愛知生れ 著書「オシム 終わりなき闘い」「無冠、されど至強」

  • 空族(くぞく)

    映像作家集団 富田克也(とみた・かつや)72年山梨生れ/相澤虎之助(あいざわ・とらのすけ)74年埼玉生れ 作品「サウダーヂ」「バンコクナイツ」

  • くぼたのぞみ

    翻訳家/詩人 著書「鏡のなかのボードレール」訳書「マンゴー通り、ときどきさよなら」「モラルの話」

  • 越川芳明(こしかわ・よしあき)

    アメリカ文学 52年千葉生れ 著書「あっけらかんの国キューバ」

  • 佐々木敦(ささき・あつし)

    批評家 64年愛知生れ 著書「ゴダール原論」「ニッポンの文学」「例外小説論」「筒井康隆入門」「新しい小説のために」

  • 沢美也子(さわ・みやこ)

    演劇ライター 神奈川生れ 著書「にほん全国芝居小屋巡り」

  • 椎名誠(しいな・まこと)

    作家 44年東京生れ 著書「家族のあしあと」「旅先のオバケ」

  • 重実生哉(しげざね・いくや)

    グラフィックデザイナー 79年東京生れ

  • 管啓次郎(すが・けいじろう)

    比較詩学 58年生れ 詩集「数と夕方」訳書「レモンケーキの独特なさびしさ」

  • 関口時正(せきぐち・ときまさ)

    ポーランド文学 51年東京生れ 著書「ポーランドと他者」訳書「主の変容病院・挑発」「人形」

  • 太賀(たいが)

    俳優 93年東京生れ

  • 田中慎弥(たなか・しんや)

    作家 72年山口生れ 著書「共喰い」「宰相A」「炎と苗木」「美しい国への旅」「孤独論」

  • 谷崎由依(たにざき・ゆい)

    作家/翻訳家 78年福井生れ 著書「舞い落ちる村」「囚われの島」訳書「あたらしい名前」「地下鉄道」

  • タマリ(マリアム・)

    声楽家 東京生れ

  • ナイトウミノワ

    作家 76年岐阜生れ 著書「いとしのおじいちゃん映画 12人の萌える老俳優たち」

  • 中沢新一(なかざわ・しんいち)

    人類学 50年山梨生れ 著書「日本文学の大地」「熊楠の星の時間」共著「建築の大転換」

  • 長島有里枝(ながしま・ゆりえ)

    写真家/作家 73年東京生れ 著書「背中の記憶」

  • 中野義樹(なかの・よしき)

    写真家 53年大阪生れ

  • 二瓶哲也(にへい・てつや)

    作家 68年新潟生れ 作品「ありふれた犬」「再訪」「酩酊のあいまに」「墓じまい」

  • 濱口竜介(はまぐち・りゅうすけ)

    映画監督 78年神奈川生れ 作品「ハッピーアワー」「寝ても覚めても」

  • 隼田大輔(はやた・だいすけ)

    写真家 81年兵庫生れ

  • 深田晃司(ふかだ・こうじ)

    映画監督 80年東京生れ 作品「ほとりの朔子」「淵に立つ」「海を駆ける」

  • 福永信(ふくなが・しん)

    作家 72年東京生れ 著書「三姉妹とその友達」「星座と文学」編著「小説の家」

  • ホキ德田(ほき・とくだ)

    ピアニスト/歌手/俳優 37年東京生れ 著書「ヘンリー・ミラーの八人目の妻」

  • 保坂和志(ほさか・かずし)

    作家 56年山梨生れ 著書「遠い触覚」「試行錯誤に漂う」「地鳴き、小鳥みたいな」

  • 前野健太(まえの・けんた)

    ミュージシャン 79年埼玉生れ 著書「百年後」

  • 三宅唱(みやけ・しょう)

    映画監督 84年北海道生れ 作品「Playback」「きみの鳥はうたえる」

  • 横山悠太(よこやま・ゆうた)

    作家 81年岡山生れ 著書「吾輩ハ猫ニナル」

  • ヨシダ(キョウコ・)

    作家/翻訳家 69年福岡生れ 著書「Disorientalism」共著「After Coetzee:An Anthology of Animal Fictions」

  • 四方田犬彦(よもた・いぬひこ)

    映像論/比較文化 53年兵庫生れ 著書「漫画のすごい思想」共訳「消えてしまった葉」

  • 若菜晃子(わかな・あきこ)

    編集者 68年兵庫生れ 著書「街と山のあいだ」「東京近郊ミニハイク」

  • 若松英輔(わかまつ・えいすけ)

    フランス文学 68年生れ 著書「イエス伝」「小林秀雄 美しい花」「幸福論」「常世の花 石牟礼道子」共著「緋の舟」

「すばる」2018.7月号

「すばる」7月号目次へ

バックナンバー一覧へ

すばる文学賞

  • 応募要項へ
  • これまでの受賞者

投稿原稿について当編集部では、「すばる文学賞」「すばるクリティーク賞」への応募作品以外、原稿をお受け致しません。送られた原稿の返却、お問い合わせにはいっさい応じかねます。

すばるクリティーク賞

  • 応募要項へ
  • これまでの受賞者
twitter@subaru_henshubu