すばる最新号  >  バックナンバー一覧  >  2017年10月号  >  作者紹介

「すばる」2017年10月号の作者紹介

  • 安藤礼二(あんどう・れいじ)

    文芸評論家 67年東京生れ 著書「祝祭の書物――表現のゼロをめぐって」「折口信夫」

  • いしいしんじ

    作家 66年大阪生れ 著書「よはひ」「海と山のピアノ」

  • イトコネン(ユハ・)

    作家 75年フィンランド生れ 「Palatkaa perhoset」

  • 大澤真幸(おおさわ・まさち)

    社会学 58年長野生れ 著書「可能なる革命」「〈世界史〉の哲学 近世篇」

  • 小澤征良(おざわ・せいら)

    作家 71年サンフランシスコ生れ 著書「蒼いみち」

  • 温又柔(おん・ゆうじゅう)

    作家 80年台北生れ 著書「来福の家」「台湾生まれ 日本語育ち」「真ん中の子どもたち」

  • 角田光代(かくた・みつよ)

    作家 67年神奈川生れ 著書「拳の先」「わたしの容れもの」訳書「源氏物語 上」(近刊)

  • 角幡唯介(かくはた・ゆうすけ)

    探検家/作家 76年北海道生れ 著書「雪男は向こうからやって来た」「アグルーカの行方」「探検家の日々本本」

  • 上村亮平(かみむら・りょうへい)

    作家 78年大阪生れ 著書「みずうみのほうへ」

  • 神谷達生(かみや・たつお)

    ライター/プロデューサー 83年岐阜生れ

  • 岸本佐知子(きしもと・さちこ)

    翻訳家 60年神奈川生れ 著書「なんらかの事情」訳書「エドウィン・マルハウス」編訳書「楽しい夜」

  • 金石範(キム・ソクポム)

    作家 25年大阪生れ 著書「火山島」「地底の太陽」「死者は地上に」「過去からの行進」

  • 木村元彦(きむら・ゆきひこ)

    ジャーナリスト 62年愛知生れ 著書「徳は孤ならず」「無冠、されど至強」

  • くぼたのぞみ

    翻訳家/詩人 著書「鏡のなかのボードレール」訳書「アメリカーナ」「男も女もみんなフェミニストでなきゃ」

  • 倉本さおり(くらもと・さおり)

    ライター 79年東京生れ

  • 鴻池留衣(こうのいけ・るい)

    作家 87年埼玉生れ 作品「二人組み」「ナイス・エイジ」

  • 鴻巣友季子(こうのす・ゆきこ)

    翻訳家 著書「翻訳問答2」訳書「イエスの幼子」編訳書「ルイス・キャロル ポケットマスターピース11」

  • 越川芳明(こしかわ・よしあき)

    アメリカ文学 52年千葉生れ 著書「あっけらかんの国キューバ」

  • 斎藤真理子(さいとう・まりこ)

    編集者/翻訳家 60年新潟生れ 訳書「カステラ」「こびとが打ち上げた小さなボール」「ピンポン」

  • 佐久間文子(さくま・あやこ)

    ライター/書評家 64年大阪生れ 著書「『文藝』戦後文学史」

  • 佐々木敦(ささき・あつし)

    批評家 64年愛知生れ 著書「ゴダール原論」「ニッポンの文学」「例外小説論」

  • 沢美也子(さわ・みやこ)

    演劇ライター 神奈川生れ 著書「にほん全国芝居小屋巡り」

  • 重実生哉(しげざね・いくや)

    グラフィックデザイナー 79年東京生れ

  • 柴田元幸(しばた・もとゆき)

    英米文学 54年東京生れ 著書「新装版 アメリカン・ナルシス」訳書「プロット・アゲンスト・アメリカ」「木に登る王」

  • 杉田俊介(すぎた・しゅんすけ)

    文芸批評家 75年神奈川生れ 著書「宇多田ヒカル論」「ジョジョ論」

  • 鈴木るみこ(すずき・るみこ)

    編集者/文筆業 63年静岡生れ 編著「パリのすみっこ」

  • ステンメッツ(ジャン=リュック・)

    詩人/エッセイスト 40年フランス生れ 著書「幻想文学」「マラルメ伝」

  • 関川航平(せきがわ・こうへい)

    美術作家 90年宮城生れ

  • タマリ(マリアム・)

    声楽家 東京生れ

  • 鄭梨賢(チョン・イヒョン)

    作家 72年ソウル特別市生れ 著書「マイスウィートソウル」

  • 富岡幸一郎(とみおか・こういちろう)

    評論家 57年東京生れ 著書「北の思想――一神教と日本人」「川端康成魔界の文学」

  • 中地義和(なかじ・よしかず)

    フランス文学 52年和歌山生れ 著書「ランボー 自画像の詩学」共訳「心は燃える」

  • 中島京子(なかじま・きょうこ)

    作家 64年東京生れ 著書「かたづの!」「ゴースト」

  • 中島たい子(なかじま・たいこ)

    作家 69年東京生れ 著書「がっかり行進曲」「万次郎茶屋」

  • 長島有里枝(ながしま・ゆりえ)

    写真家/作家 73年東京生れ 著書「背中の記憶」写真集「5 Comes After 6」

  • 中野美月(なかの・みづき)

    作家 93年広島生れ 作品「プリズム」

  • 中野義樹(なかの・よしき)

    写真家 53年大阪生れ

  • 西山敦子(にしやま・あつこ)

    翻訳家/C.I.P. Books代表 78年東京生れ 訳書「ヴァレンシア・ストリート」

  • 蜂飼耳(はちかい・みみ)

    詩人/作家 74年神奈川生れ 著書「顔をあらう水」

  • 春見朔子(はるみ・さくこ)

    作家 83年北海道生れ 著書「そういう生き物」

  • 福嶋伸洋(ふくしま・のぶひろ)

    ブラジル音楽/比較文学 78年新潟生れ 著書「魔法使いの国の掟」「リオデジャネイロに降る雪」

  • 藤野可織(ふじの・かおり)

    作家 80年京都生れ 著書「爪と目」「ファイナルガール」

  • 古市真由美(ふるいち・まゆみ)

    フィンランド文学 65年東京生れ 訳書「四人の交差点」「処刑の丘」

  • ベルリン(ルシア・)

    作家 36年アラスカ生れ 2004年没 著書「A Manual for Cleaning Women」

  • ホキ德田(ほき・とくだ)

    ピアニスト/歌手/俳優 37年東京生れ 著書「ヘンリー・ミラーの八人目の妻」

  • 保坂健二朗(ほさか・けんじろう)

    美術館研究員 76年茨城生れ 共著「キュレーターになる! アートを世に出す表現者」

  • 前野健太(まえの・けんた)

    ミュージシャン 79年埼玉生れ 著書「百年後」作品「今の時代がいちばんいいよ」

  • 松本健二(まつもと・けんじ)

    ラテンアメリカ文学 68年大阪生れ 訳書「[改訳]通話」「ポーランドのボクサー」「ムッシュー・パン」

  • 道尾秀介(みちお・しゅうすけ)

    作家 75年東京生れ 著書「月と蟹」「鏡の花」「透明カメレオン」「満月の泥枕」

  • 村田沙耶香(むらた・さやか)

    作家 79年千葉生れ 著書「ハコブネ」「殺人出産」「消滅世界」「コンビニ人間」

  • モンソン(アンダー・)

    作家/詩人 75年ミシガン生れ 著書「Other Electricities」

  • 四方田犬彦(よもた・いぬひこ)

    映像論/比較文化 53年兵庫生れ 著書「漫画のすごい思想」訳書「猥褻なD夫人」

  • リービ英雄(りーび・ひでお)

    作家 50年カリフォルニア生れ 著書「星条旗の聞こえない部屋」「仮の水」「大陸へ」「模範郷」

  • ロブレド(ゴンサロ・)

    ジャーナリスト/プロデューサー 58年コロンビア生れ、81年より日本在住

  • ワトソン(メアリー・)

    作家 75年南アフリカ生れ 「The Cutting Room」

  • *若松英輔「霧の彼方――須賀敦子」は休載いたします。

「すばる」2017.10月号

「すばる」10月号目次へ

バックナンバー一覧へ

すばる文学賞

  • 応募要項へ
  • これまでの受賞者

投稿原稿について当編集部では、「すばる文学賞」「すばるクリティーク賞」への応募作品以外、原稿をお受け致しません。送られた原稿の返却、お問い合わせにはいっさい応じかねます。

すばるクリティーク賞

  • 応募要項へ
twitter@subaru_henshubu