すばる最新号  >  バックナンバー一覧  >  2017年4月号

「すばる」2017年4月号

 新作中編、温又柔「真ん中の子どもたち」。日本人の父と台湾人の母のもと、日本に生まれ育った天原琴子。彼女が二十歳を迎える夏に挑んだ冒険は、中国・上海への語学留学だった。
 特集「あの人の日記」。日記の魅力に、〈書く〉〈読む〉〈話す〉、さまざまな形で迫る。〈書く〉日記は9本。洋裁の技術を持つ母とアーチストである私の共同制作の過程と家族の記憶を描く長島有里枝「テント日記」。野生動物の宝庫アラスカへの旅の記録、管啓次郎「アラスカ日記」。多彩な顔ぶれの表現者たちによるテーマ別の日記は、川上弘美「食事日記」、津村記久子「観戦日記」、本谷有希子の「育児日記」、映画監督・西川美和「夢日記」、絵本作家・舘野鴻の「絵日記」。カラーグラビア「こんなことしてていいのか日記」は金原ひとみが執筆。中村佑子+西山敦子による「日記にまつわる交換日記」も。さらに、豪華執筆陣が作家らの日記を〈読む〉。奥泉光が山田風太郎『戦中派不戦日記』を、保坂和志がフランツ・カフカの日記を、加藤典洋が武田百合子『富士日記』を山城むつみがエリック・ホッファー『波止場日記』を、穂村弘が二階堂奥歯『八本脚の蝶』を担当。〈話す〉は、日記を創作に昇華させてきた小林エリカと、『かなわない』につづき『家族最後の日』が話題の植本一子による対話「時空を超えてつながるために」と、日記的な映像作品が話題の、美術作家・ミヤギフトシへのインタビュー。
 すばるクリティーク、浜崎洋介「坂口安吾の『いたわり』──『カラクリ』と『ふるさと』のあいだで」。チェーホフ、福田恆存との関係などを論じる力作批評。
 青野聰「未老人ノート」、今福龍太「ハーフ・ブリード 混合体の群島」は連載最終回!

「すばる」2017.4月号

バックナンバー一覧へ

「すばる」2017年4月号 目次

作者紹介

  • 小説
    • 温又柔 - 真ん中の子どもたち

  • 特集:あの人の日記

    • 書く
      • 長島有里枝 - テント日記

      • 管啓次郎 - アラスカ日記2014

      • 川上弘美 - 食事日記

      • 津村記久子 - 観戦日記

      • 本谷有希子 - 育児日記

      • 西川美和 - 夢日記

      • 舘野鴻 - 絵日記

      • 中村佑子+西山敦子 - 食卓でエクリール 拡大版:日記にまつわる交換日記

      • 金原ひとみ 編─(1)- カラーグラビア:こんなことしてていいのか日記

    • 話す
      • 小林エリカ+植本一子 - 時空を超えてつながるために

      • ひと:ミヤギフトシ - 聞き手・構成/編集部

    • 読む
      • 奥泉光×山田風太郎『戦中派不戦日記』

      • 保坂和志×フランツ・カフカの日記

      • 加藤典洋×武田百合子『富士日記』

      • 山城むつみ×エリック・ホッファー『波止場日記』

      • 穂村弘×二階堂奥歯『八本脚の蝶』

  • すばるクリティーク
    • 浜崎洋介 - 坂口安吾の「いたわり」──「カラクリ」と「ふるさと」のあいだで

  • 最終回
    • 青野聰 - 未老人ノート(13)

    • 今福龍太 - ハーフ・ブリード 混合体の群島(15)

  • 連載
    • 高橋源一郎 - ぼくたちはこの国をこんなふうに愛することに決めた(8)

    • 大澤真幸 - 三島由紀夫論(2)

    • 若松英輔 - 霧の彼方──須賀敦子(6)

    • 四方田犬彦 - 詩の約束(7)

    • 安藤礼二 - 列島祝祭論(10)

    • 伊藤俊治+植島啓司 - 超越する身体──「あなた」と「わたし」をつなぐもの(10)

    • ホキ德田 - 優しい友へのレクイエム(13)

  • 堀江栞 - 下を向いて歩く/ 前野健太 - グラサン便り/長島有里枝 - こんな大人になりました/マリアム・タマリ - パレスチナの朝/小澤征良 - ひとすくいの時間

  • プレイヤード
    • 【演劇】

      『炎 アンサンディ』 - 沢美也子

    • 【美術】

      パロディ、二重の声 日本の一九七〇年代前後左右 - 保坂健二朗

    • 【映画】

      『人生タクシー』 - 越川芳明

    • 【本】
      • 木下古栗 - 読書日録
      • 神谷達生 - 小川洋子『不時着する流星たち』
      • 倉本さおり - 江國香織『なかなか暮れない夏の夕暮れ』
      • 江南亜美子 - 金原ひとみ『クラウドガール』
      • 藤田直哉 - 高橋弘希『スイミングスクール』
      • 陣野俊史 - 古川真人『縫わんばならん』
      • 佐久間文子 - 木下古栗『生成不純文学』
      • 文月悠光 - 杉田俊介『宇多田ヒカル論 世界の無限と交わる歌』
      • 町山智浩 - チャールズ・チャップリン/デイヴィッド・ロビンソン『小説ライムライト チャップリンの映画世界』

すばる文学賞

  • 応募要項へ
  • これまでの受賞者

投稿原稿について当編集部では、「すばる文学賞」「すばるクリティーク賞」への応募作品以外、原稿をお受け致しません。送られた原稿の返却、お問い合わせにはいっさい応じかねます。

すばるクリティーク賞

  • 応募要項へ
twitter@subaru_henshubu