すばる最新号  >  バックナンバー一覧  >  2017年3月号  >  作者紹介

「すばる」2017年3月号の作者紹介

  • 荒井裕樹(あらい・ゆうき)

    障害者文化論 80年東京生れ 著書「差別されてる自覚はあるか:横田弘と青い芝の会行動綱領」

  • アレクシエーヴィチ(スヴェトラーナ・)

    1948年、旧ソ連ウクライナ共和国スタニスラフ生れ。72年ベラルーシ国立大学ジャーナリズム学科卒業。『戦争は女の顔をしていない』『ボタン穴から見た戦争』『アフガン帰還兵の証言』『チェルノブイリの祈り』『セカンドハンドの時代─「赤い国」を生きた人びと』のユートピアの声五部作などの功績が認められ、2015年ドキュメンタリー文学の著者としては初めてノーベル文学賞受賞。ミンスク在住。

  • 安藤礼二(あんどう・れいじ)

    文芸評論家 67年東京生れ 著書「祝祭の書物―表現のゼロをめぐって」「折口信夫」

  • 泉京鹿(いずみ・きょうか)

    翻訳家 71年東京生れ 訳書「紫禁城の月」「炸裂志」

  • 伊藤俊治(いとう・としはる)

    美術史家 53年秋田生れ 著書「写真史」

  • 伊藤比呂美(いとう・ひろみ)

    詩人/作家 55年東京生れ 著書「木霊草霊」「女の一生」共著「禅の教室」

  • 植島啓司(うえしま・けいじ)

    宗教人類学 47年東京生れ 著書「伊勢神宮とは何か」

  • 江南亜美子(えなみ・あみこ)

    フリーライター 75年大阪生れ

  • 閻連科(えん・れんか)

    作家 58年河南省生れ 著書「愉楽」「父を想う」「年月日」「炸裂志」

  • 大澤真幸(おおさわ・まさち)

    社会学 58年長野生れ 著書「可能なる革命」編著「憲法9条とわれらが日本」

  • 小澤征良(おざわ・せいら)

    作家 71年サンフランシスコ生れ 著書「蒼いみち」

  • 小野正嗣(おの・まさつぐ)

    1970年、大分生れ。96年新潮学生小説コンクールでデビュー。2001年『水に埋もれる墓』で朝日新人文学賞、02年『にぎやかな湾に背負われた船』で三島由紀夫賞、13年早稲田大学坪内逍遥大賞奨励賞、15年『九年前の祈り』で芥川龍之介賞を受賞。著書に『残された者たち』『水死人の帰還』など、訳書に『ロジー・カルプ』ほか。現在、立教大学文学部文学科文芸・思想専修教授。

  • 温又柔(おん・ゆうじゅう)

    作家 80年台北生れ 著書「来福の家」「台湾生まれ 日本語育ち」

  • 金沢百枝(かなざわ・ももえ)

    西洋中世美術史 68年東京生れ 著書「ロマネスクの宇宙」

  • 金子奈美(かねこ・なみ)

    翻訳家、現代バスク文学・スペイン語圏文学・翻訳研究者。84年秋田生れ。2016年キルメン・ウリベ『ムシェ 小さな英雄の物語』で日本翻訳大賞受賞。その他の訳書にキリメン・ウリベ『ビルバオ─ニューヨーク─ビルバオ』。現在バスク語作家ベルナルド・アチャガの作品を翻訳・研究中。

  • 神谷達生(かみや・たつお)

    ライター/プロデューサー 83年岐阜生れ

  • 木村紅美(きむら・くみ)

    作家 76年兵庫生れ 著書「夜の隅のアトリエ」「まっぷたつの先生」

  • 木村友祐(きむら・ゆうすけ)

    作家 70年青森生れ 著書「聖地Cs」「イサの氾濫」「野良ビトたちの燃え上がる肖像」

  • 木村元彦(きむら・ゆきひこ)

    ジャーナリスト 62年愛知生れ 著書「徳は孤ならず」「橋を架ける者たち」

  • 姜信子(きょう・のぶこ)

    作家 61年神奈川生れ 著書「声千年先に届くほどに」「妄犬日記」「平成山椒太夫」

  • 鴻巣友季子(こうのす・ゆきこ)

    翻訳家 著書「翻訳問答2」訳書「風と共に去りぬ」「イエスの幼子時代」

  • 沢美也子(さわ・みやこ)

    演劇ライター 58年神奈川生れ 著書「にほん全国芝居小屋巡り」

  • 柴崎友香(しばさき・ともか)

    73年大阪生れ。99年、短編「レッド、イエロー、オレンジ、オレンジ、ブルー」を「文藝別冊」に発表。2006年刊行の『その街の今は』で織田作之助賞大賞と芸術選奨文部科学大臣新人賞、10年『寝ても覚めても』で野間文芸新人賞、14年『春の庭』で芥川賞を受賞。他に『ビリジアン』『わたしがいなかった街で』『パノララ』などの著書がある。

  • 柴田聡子(しばた・さとこ)

    シンガーソングライター 86年北海道生れ 詩集「さばーく」

  • 柴田元幸(しばた・もとゆき)

    英米文学 54年東京生れ 訳書「魔法の夜」「ウインドアイ」

  • 管啓次郎(すが・けいじろう)

    比較詩学 58年生れ 著書「The Dog Book」訳書「レモンケーキの独特なさびしさ」

  • 関口涼子(せきぐち・りょうこ)

    作家、翻訳家。70年東京生れ。89年現代詩手帖賞、2016年パトリック・シャモワゾー『素晴らしきソリボ』で翻訳大賞受賞。著書に『グラナダ詩編』、仏語著書にManger Fantôme, 訳書にアティーク・ラヒーミ『悲しみを聴く石』ゼイナ・アビラシェド『オリエンタル・ピアノ』など。現在谷崎潤一郎ミニコレクションを仏訳中。

  • 高橋源一郎(たかはし・げんいちろう)

    作家 51年広島生れ 著書「丘の上のバカぼくらの民主主義なんだぜ2」

  • 武田砂鉄(たけだ・さてつ)

    フリーライター 82年東京生れ 著書「紋切型社会」「芸能人寛容論:テレビの中のわだかまり」

  • 立田敦子(たつた・あつこ)

    映画ジャーナリスト 千葉生れ

  • 田中慎弥(たなか・しんや)

    72年山口生れ。20歳のころから小説を書き始める。2005年『冷たい水の羊』で新潮新人賞、08年『蛹』で川端康成文学賞、同年『蛹』を収録した作品集『切れた鎖』で三島由紀夫賞、12年『共喰い』で芥川賞を受賞。他に『神様のいない日本シリーズ』『実験』『燃える家』『宰相A』『美しい国への旅』などの著書がある。

  • タマリ(マリアム・)

    声楽家 東京生れ

  • 辻原登(つじはら・のぼる)

    作家 45年和歌山生れ 著書「冬の旅」「Yの木」「籠の鸚鵡」

  • 中川龍太郎(なかがわ・りゅうたろう)

    映画監督 90年神奈川生れ 作品「Calling」「走れ、絶望に追いつかれない速さで」

  • 中沢新一(なかざわ・しんいち)

    人類学 50年山梨生れ 著書「日本文学の大地」「熊楠の星の時間」共著「建築の大転換」

  • 長嶋有(ながしま・ゆう)

    作家 72年埼玉生れ 著書「三の隣は五号室」「フキンシンちゃん」

  • 長島有里枝(ながしま・ゆりえ)

    写真家/作家 73年東京生れ 写真集「5 Comes After 6」著書「背中の記憶」

  • 中野義樹(なかの・よしき)

    写真家 53年大阪生れ

  • 中村和恵(なかむら・かずえ)

    比較文学/詩人 66年生れ 著書「日本語に生まれて」「dress after dress」詩集「天気予報」

  • 中村愼太郎(なかむら・しんたろう)

    グラフィックデザイナー51年兵庫生れ

  • 西山敦子(にしやま・あつこ)

    翻訳家/C.I.P. Books代表 78年東京生れ 訳書「ヴァレンシア・ストリート」

  • 野崎歓(のざき・かん)

    フランス文学 59年新潟生れ 著書「異邦の香り」「アンドレ・バザン」「夢の共有」

  • 野谷文昭(のや・ふみあき)

    ラテンアメリカ文学 48年神奈川生れ 訳書「アメリカ大陸のナチ文学」

  • 藤野可織(ふじの・かおり)

    作家 80年京都生れ 著書「爪と目」「ファイナルガール」

  • 古川日出男(ふるかわ・ひでお)

    作家 66年福島生れ 著書「女たち三百人の裏切りの書」「あるいは修羅の十億年」

  • ホーフヒムストラ(チブ・)

    美術家 57年オランダ生れ

  • ホキ德田(ほき・とくだ)

    ピアニスト/歌手/俳優 37年東京生れ 著書「ヘンリー・ミラーの人目の妻」

  • 堀江栞(ほりえ・しおり)

    画家 92年フランス生れ

  • 前野健太(まえの・けんた)

    ミュージシャン 79年埼玉生れ 作品「今の時代がいちばんいいよ」

  • 増子信一(ますこ・しんいち)

    編集者 53年東京生れ

  • 松浦寿輝(まつうら・ひさき)

    作家/詩人/フランス文学 54年東京生れ 著書「黄昏客思」「BB/PP」

  • 三浦天紗子(みうら・あさこ)

    ライター/ブックカウンセラー 64年東京生れ 著書「そろそろ産まなきゃ」「震災離婚」

  • 宮内千和子(みやうち・ちわこ)

    フリーライター 52年千葉生れ

  • 宮下遼(みやした・りょう)

    トルコ文学/作家 著書「無名亭の夜」訳書「私の名は赤」「雪」

  • 三山エリ(みやま・えり)

    写真家 83年石川生れ

  • 山崎ナオコーラ(やまざき・なおこーら)

    作家 78年福岡生れ 著書「ネンレイズム/開かれた食器棚」「美しい距離」

  • 四方田犬彦(よもた・いぬひこ)

    映像論/比較文化 53年兵庫生れ 著書「母の母、その彼方に」「署名はカリガリ」

  • 若松英輔(わかまつ・えいすけ)

    フランス文学 68年生れ 著書「井筒俊彦」「イエス伝」共著「緋の舟」

「すばる」2017.3月号

「すばる」3月号目次へ

バックナンバー一覧へ

すばる文学賞

  • 応募要項へ
  • これまでの受賞者

投稿原稿について当編集部では、「すばる文学賞」「すばるクリティーク賞」への応募作品以外、原稿をお受け致しません。送られた原稿の返却、お問い合わせにはいっさい応じかねます。

すばるクリティーク賞

  • 応募要項へ
twitter@subaru_henshubu