すばる最新号  >  バックナンバー一覧  >  2016年2月号

「すばる」2016年2月号

 椎名誠「ドバドバソース」。シーナ少年たちが通う「パン屋」さん。担当のおばさんによって塗られるソースの分量が違う。ソースをめぐり、少年たちのタタカイが始まった。
 戌井昭人「ゼンマイ」。竹柴保は「ハファ」という何十年も前に出会った女性が忘れられず、彼女の故郷モロッコへ……。
 鈴木善徳「たらちね」。防犯カメラにしばしば捉えられ記録された、「長い髪の女」と「白い犬」との、奇妙な縁とは。
 瀬戸内寂聴、話題の掌編連載「島へ」もお見逃しなく!
 特集「継承される批評2016」。小林秀雄、江藤淳、吉本隆明──日本の文芸史に脈打つ批評の伝統。批評はどう継承されるべきなのか? その可能性を問う特集のトップは、
 柄谷行人インタビュー「批評にできること」。聞き手は柄谷行人の仕事を初期から追う、高澤秀次。
 大澤信亮+浜崎洋介、「生きることの批評」。小林秀雄、福田恆存らをいま読む意味とは? 14時間にわたる対談!
 安藤礼二「批評とは何か」。小林秀雄、吉本隆明、柄谷行人の批評、ボードレール、ランボーの詩から、批評の起源を問う。
 佐々木敦「アートートロジー」。マルセル・デュシャンを通してアートを問い直し、更新する筆者の新境地。
 トミヤマユキコの意欲的論考「文学とマンガのあわいにあるもの──川上未映子と大島弓子を読む」にも注目を。
 野崎歓「魚を尊ぶひとの芸術──井伏鱒二小論」。井伏を作家に導いたと言える親友・青木南八との交流を、「鯉」など初期作品から紹介。
 ブックガイド「近代日本の文芸批評を知るための40冊」。選者は杉田俊介、藤田直哉、矢野利裕。
 甘粕正彦「樋口一葉の日記」(1942年『女性満洲』所載)ほかを再録。解説「ファシストと文学」を西田勝が執筆。
 西村賢太+玉袋筋太郎の対談「“師匠”を語る」、いしいしんじ+都甲幸治の対談「「よはひ」を旅する」も、必読です!

「すばる」2016.2月号

バックナンバー一覧へ

「すばる」2016年2月号 目次

作者紹介

  • 小説
    • ドバドバソース - 椎名誠

    • ゼンマイ - 戌井昭人

    • たらちね - 鈴木善徳

  • 掌編
    • 島へ - 瀬戸内寂聴

  • 特集:継承される批評2016

    • インタビュー 柄谷行人

      • 批評にできること - 聞き手 高澤秀次

    • 対談
      • 生きることの批評 - 大澤信亮+浜崎洋介

    • 評論
      • 批評とは何か - 安藤礼二

      • アートートロジー - 佐々木敦

      • 文学とマンガのあわいにあるもの──川上未映子と大島弓子を読む - トミヤマユキコ

      • 魚を尊ぶひとの芸術──井伏鱒二小論 - 野崎歓

    • ブックガイド
      • 近代日本の文芸批評を知るための40冊 - 杉田俊介+藤田直哉+矢野利裕

    • 甘粕正彦『女性満洲』『満洲新聞』所載四篇再録

      • 「樋口一葉の日記」「映画製作は真に日・満の協和から」「満映の話」「おみらに告ぐるの書(2)」

      • 解説:ファシストと文学 甘粕正彦の「樋口一葉の日記」ほか - 西田勝

  • 対談
    • “師匠”を語る - 西村賢太+玉袋筋太郎

    • 「よはひ」を旅する - いしいしんじ+都甲幸治

  • シリーズ最終回
    • 朝鮮高校サッカー部を辿る旅(8) - 木村元彦

  • エッセイ
    • 人生のカーテンコール──追悼・野坂昭如 - 池内紀

    • 私の数学観 - 森田真生

    • 青春の熱 - 山下紘加

    • 俳優と監督 - 横浜聡子

  • ひと
    • ネメシュ・ラースロー - 聞き手・構成/立田敦子

  • 連載
    • 未老人ノート(6) - 青野聰

    • 蠕動で渉れ、汚泥の川を(15) - 西村賢太

    • ハーフ・ブリード 混合体の群島(8) - 今福龍太

  • グラサン便り - 前野健太/こんな大人になりました - 長島有里枝/パレスチナの朝 - マリアム・タマリ/ひとすくいの時間 - 小澤征良

  • カラーグラビア
    • こんなことしてていいのか日記 星野智幸 編(2)

  • プレイヤード
    • 【演劇】

      『書く女』 - 沢美也子

    • 【美術】

      「九州派展」 - 保坂健二朗

    • 【映画】

      『ロイヤル・コンセルトヘボウ オーケストラがやって来る』 - 野崎歓

    • 【本】
      • 読書日録 - 山下澄人
      • 長嶋有『愛のようだ』 - 千野帽子
      • 綿矢りさ『ウォーク・イン・クローゼット』 - 三浦天紗子
      • 円城塔『プロローグ』 - 岡和田晃
      • 新庄耕『ニューカルマ』 - 伊藤氏貴

すばる文学賞

  • 応募要項へ
  • これまでの受賞者

投稿原稿について当編集部では、「すばる文学賞」「すばるクリティーク賞」への応募作品以外、原稿をお受け致しません。送られた原稿の返却、お問い合わせにはいっさい応じかねます。

すばるクリティーク賞

  • 応募要項へ
  • これまでの受賞者
twitter@subaru_henshubu