すばる最新号  >  バックナンバー一覧  >  2012年7月号

「すばる」2012年7月号

 今月は二つの対談をお届けします。瀬戸内寂聴+田中慎弥「書きつづけ、読みつがれるために」は、源氏物語から芥川賞、宗教と文学の問題など幅広い話題と二人のやりとりが絶妙です。もう一つの対談は、平野啓一郎+田中裕介「サロメを更新する」。『サロメ』を新たに翻訳した作家と気鋭の英文学者が、オスカー・ワイルドとサロメの魅力に迫ります。  小説は、広小路尚祈「田園」、法月ゆり「レベッカの言い分」、そして、昨年すばる文学賞を受賞した澤西祐典の「文字の消息」です。  注目のエッセイスト・内田洋子の新連載「もの言うイタリア」が始まります。そして、過去の探検家の足跡を追って北極圏を歩き続けた角幡唯介「アグルーカの行方」は最終回。さて、彼は無事に目的地にたどりつけたのでしょうか?  今月も特大号です。

「すばる」2012.7月号

バックナンバー一覧へ

「すばる」2012年7月号 目次

作者紹介

  • 小説
    • すばる文学賞受賞第一作 文字の消息 - 澤西祐典

    • レベッカの言い分 - 法月ゆり

    • 田園 - 広小路尚祈

  • 対談
    • 書きつづけ、読みつがれるために - 瀬戸内寂聴/田中慎弥

  • 新連載
    • もの言うイタリア - 内田洋子

  • 最終回
    • アグルーカの行方 129人全員死亡、フランクリン隊が見た北極(7) - 角幡唯介

    • ジェンダーで世界を読み解く(5) - 上野千鶴子

  • 劇評
    • 井上ひさし生誕77フェスティバル'12『雪やこんこん』『闇に咲く花』 舞台と客席の境界を超えて - 小森陽一

  • エッセイ
    • 日本租界 - 山内明美

    • 翻訳を待つ言葉 - すんみ

  • 対談
    • サロメを更新する - 平野啓一郎/田中裕介
  • インタビュー
    • 加賀乙彦 三、小説家として、キリスト者として - 聞き手・構成/増子信一
  • 連載
    • 教団X(3) - 中村文則

    • 東京零年(4) - 赤川次郎

    • めぐり糸(9) - 青山七恵

    • ホームメイキング同好会(11) - 藤野千夜

    • 冬の旅(12) - 辻原登

    • プロット・アゲンスト・アメリカ(12) - フィリップ・ロス 柴田元幸/訳

    • こんな大人になりました - 長島有里枝/かなかじり - 福田尚代/出会い〜ディーダル〜 - シリン・ネザマフィ/鏡のまえで - 青野聰/パレスチナの朝 - マリアム・タマリ/空を仰いで、 - こだま和文/ひとすくいの時間 - 小澤征良

  • カラーグラビア

    奈良美智フォトダイアリー(79)

  • カバーコラボ

    記憶喪失 - 本谷有希子×清川あさみ

  • プレイヤード
    • 【演劇】

      『天日坊』 - 沢美也子

    • 【美術】

      川内倫子展 - 保坂健二朗

    • 【映画】

      『汚れた心』 - 越川芳明

    • 【本】

      読書日録 - 堀本裕樹

      • 島田雅彦『英雄はそこにいる』 - 斉藤修三
      • 田中慎弥『田中慎弥の掌劇場』 - 楜沢健
      • 佐川光晴『おかえり、Mr.バットマン』 - 髙橋敏夫
      • いしいしんじ『ある一日』 - 山本圭子
      • いとうせいこう/佐々木中『Back 2 Back』 - 陣野俊史

すばる文学賞

  • 応募要項へ
  • これまでの受賞者

投稿原稿について当編集部では、「すばる文学賞」「すばるクリティーク賞」への応募作品以外、原稿をお受け致しません。送られた原稿の返却、お問い合わせにはいっさい応じかねます。

すばるクリティーク賞

  • 応募要項へ
  • これまでの受賞者
twitter@subaru_henshubu