すばる最新号  >  バックナンバー一覧  >  2012年6月号

「すばる」2012年6月号

 今月も特大号です!  巻頭は、橋本治の短編「渦巻」。51歳の女性の半生に〝昭和″が透けて見える秀作です。中編では、ネコなのか青年なのか分からない「ミケ」が主人公の藤野可織「にゃあじゃわかんない」、松本圭二「ハリーの災難」、原田ひ香「来星」など、意欲作が満載!  おなじみ、奥泉光+いとうせいこう「文芸漫談シーズン4」。今回読み解くのは、アンドレ・ジッド『法王庁の抜け穴』です。インタビューでは、いずれも新作を発表した島田雅彦、水村美苗に迫ります。〈マゴ3人〉と〈じいじい〉の交流を描く、椎名誠「かいじゅうたちがやってきた」はとうとう最終回。〈あっちゃん卒業〉のニュースに衝撃を受けてのエッセイ、宇野常寛「敦子のために」も見逃せません。  第27回詩歌文学館賞発表にも注目です。

「すばる」2012.6月号

バックナンバー一覧へ

「すばる」2012年6月号 目次

作者紹介

  • 小説
    • 渦巻 - 橋本治

    • にゃあじゃわかんない - 藤野可織

    • ハリー の災難 - 松本圭二

    • 来星 - 原田ひ香

  • 連載第二回
    • 教団X - 中村文則

  • 最終回
    • かいじゅうたちがやってきた(15) -椎名誠

  • ひと
    • 島田雅彦 - 聞き手・構成/宮内千和子

    • 水村美苗 - 聞き手・構成/編集部

  • 評論
    • ジェンダーで世界を読み解く(4) - 上野千鶴子

  • 思い出の中の友達たち(8) - 吉田秀和
  • エッセイ
    • ケチな受け手 - 羽田圭介

    • 敦子のために - 宇野常寛

    • 春のぶり大根 - 小山内恵美子

  • 文芸漫談シーズン4──(3) アンドレ・ジッド『法王庁の抜け穴』を読む - 奥泉光/いとうせいこう

  • 第二十七回詩歌文学館賞発表
    • 須藤洋平『あなたが最期の最期まで生きようと、むき出しで立ち向かったから』
    • 佐藤通雅『強霜(こはじも)』
    • 宇多喜代子『句集 記憶』
  • 連載
    • 東京零年(3) - 赤川次郎

    • めぐり糸(8) - 青山七恵

    • ホームメイキング同好会(10) - 藤野千夜

    • 冬の旅(11) - 辻原登

    • プロット・アゲンスト・アメリカ(11) - フィリップ・ロス 柴田元幸 訳

    • アグルーカの行方 129人全員死亡、フランクリン隊が見た北極(6) - 角幡唯介

    • こんな大人になりました - 長島有里枝/かなかじり - 福田尚代/出会い〜ディーダル〜 - シリン・ネザマフィ/鏡のまえで - 青野聰/パレスチナの朝 - マリアム・タマリ/空を仰いで、 - こだま和文/ひとすくいの時間 - 小澤征良

  • カラーグラビア

    奈良美智フォトダイアリー(78)

  • カバーコラボ

    脱ぐ - 村田沙耶香×清川あさみ

  • プレイヤード
    • 【演劇】

      『ハンドダウンキッチン』 - 沢美也子

    • 【美術】

      Chim↑Pomと「小さな声」 - 保坂健二朗

    • 【映画】

      『ファミリー・ツリー』 - 立田敦子

    • 【本】

      読書日録 - 間宮緑

      • 読書日録 - 間宮緑
      • 池澤夏樹『氷山の南』 - 本浜秀彦
      • 髙樹のぶ子『マルセル』 - トミヤマユキコ
      • 津村記久子『とにかくうちに帰ります』 - 豊﨑由美
      • 董啓章『地図集』 - 瀬川深

すばる文学賞

  • 応募要項へ
  • これまでの受賞者

投稿原稿について当編集部では、「すばる文学賞」「すばるクリティーク賞」への応募作品以外、原稿をお受け致しません。送られた原稿の返却、お問い合わせにはいっさい応じかねます。

すばるクリティーク賞

  • 応募要項へ
  • これまでの受賞者
twitter@subaru_henshubu